« コンデジで最高の夜景を | トップページ | デジイチデビュー »

2008/06/18

NYの奇跡

2006年ホリデーシーズンinニューヨークは一生忘れることはできません。
張り切っての夜景撮影、そしてもっとクリアに撮りたい、一眼必要かもと気づきがあったことはもちろんですが、素敵な出来事がありました。人間相手でなくても、好きだよってキモチでいると街も応えてくれる、そんな風に思えた旅でした。
  
冬のNY、12月ごろは自由の女神方向に陽が落ちてゆく。オレンジ色に染まる空間に映る彼女のシルエット。そして蒼い夜に変わってゆく時間の美しさ。言葉をなくして見入ってしまいます。翌日は帰国。帰りたくないなぁ・・・とおもいつつ、夕方3時ごろから日没までバッテリーパークでこの光景をおさめるのに熱中していました。しかもコンデジで(笑)
   
そのとき財布をなくしていたことに気もつかずに。  
  
  
撮影を終えてチェルシーのホールフーズで買い物をしようとしたら財布がないっ!真っ青でクレジットカード停止の手配とポリスステーションへの遺失物届けを済ませ、ガックシ肩を落とし意気消沈で帰国の荷造り。そのとき、夜中の12時に携帯がなりました。現地在住の友人からです。METオペラ警備員室に私の財布が届いるとのこと。夜中の4時まで警備員さんがシフトでおり受け取り可能とのこと。 
  
  
アッパーイーストからタクシーを飛ばして向かったMETステージドア。ドキドキしながら到着の電話をかける。数分後ステキなオジサマ警備員が私の財布を持って現れました。もちろんクレジットカードも現金も全部無事。
 
拾ってくれた彼への感謝、ポリスステーションまで心配して駆けつけてくれておまけに夕食代を立て替えてくれた友人、日本へのカード停止連絡をしてくれた友人、遺失物届けに親切に対応してくれた警察官・・・・すべてのことにアリガトウ・・・真夜中のマンハッタン、溢れた涙でぼやけて見えたクリスマスツリーは一生忘れられない光景です。街中のすべてが輝いてみえました。
  
お財布は翌年のGWに向けてMETオペラチケット買ったとき窓口近辺で落としていたようです。そして緊急連絡用に現地友人の住所・携帯番号のメモを財布の中にいれておいたこと、落とした日が日曜日で公演もなく窓口前ほとんど人通りがなかったこと、すべてがプラスに働いて起きたNYの奇跡でした。
その奇跡の日に撮った1枚です。もちろんGX-8で。
Rimg0798

|

« コンデジで最高の夜景を | トップページ | デジイチデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053187/21724086

この記事へのトラックバック一覧です: NYの奇跡:

« コンデジで最高の夜景を | トップページ | デジイチデビュー »