« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の記事

2008/08/31

デジタル化邁進中♪

先週から続く雨・・・そして異常気象の豪雨。おまけに雷つき。もう勘弁してくださいっ。スカっと晴れた青空が見たいなぁ。心地よい夕焼けからアオイジカンを見たい!!

この天候じゃ外出気分にもなれず、お部屋でデジタル化作業に没頭に限ります。金曜日会社から帰ると一昨日アマゾンでポチッしたデバイスが届いてました。私にちゃんと使いこなせるのだろうか?心配無用でした。はい、いい調子でテープからの変換進んでます。結局テープを回しながらの変換作業なので録音分の時間が必要なんだけど。まっ懐かしい曲を聴きながら気長に作業ってかんじかな。当時の曲を聴きながらその時代を思い出すのも楽しいかもしれません。なんか淋しい気もするけれど、作業が終わったらテープ音源ととはサヨナラ、そして長年がんばってくれた”ラジカセ”ともサヨナラです。

・・・・・・お部屋の音響システム気分一新したくなってきました。特にスピーカーに気を配って探してみたいな。明日もし雨でなかったら、久しぶりにビックカメラ詣でしようかな(笑)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/27

思い出をデータ化

その昔録音といえばテープだった。FMラジオや、レコードやCDからテープへ録音してウォークマンで一緒にお出かけ。CDウォークマンが登場したって買ったままのCDを聞くだけ。個人レベルで音楽をデータ化編集なんてありえない、いいや想像さえできなかった。それがどーでしょ。PCで簡単編集。好きな音楽だけ集めてどこでも一緒、どんな加工もできちゃう今の時代。いいですね~~。

 

 

当初からデータだった音源はいいです。なんでも編集できますから。がっ・・・・思い出のテープ、アナログ録音はどーしたらいいのだろ?捨てられない思い出のテープ達。留学中にアメリカで録音していた大好きだったFM局のフライデーナイトのクラブ中継、友人達の声のメッセージ、初めて買ったサザンのテープ、etc・・・・・・。まだラジカセがあるからとりあえず聞く事はできるけど、いつまでもこのままじゃイカンでしょ。テープが磨り減ってしまう前にデータ化。これはなんとかしなくては・・・・頭の中に常にあったテーマです。たしか数年前PC情報誌の特集で“方法”が紹介されてはいたけれど、PCオンチの私には頭イタタタタ~~~。読んだけど理解⇒実行へはいたらず放置。快適なPCライフを送っていると思っていたのに実はPC音痴なんだって事を思い知る(苦笑) 

 

 

昨晩ひょんなきっかけで思い出し、ググッてみたら・・・・・

確実に時代は進化していました。こういう需要いっぱいあったのでしょうね。いいデバイス発見。いろんな種類があります。なーんだっていうぐらい簡単に操作できそう。日本のこういう隙間産業的産品っていいな~~、日本のものづくりってすごいね。さっそくポチっ。今週末は思い出のデータ化に邁進予定デス(笑)

 

 

今日の写真は1975年7月夏のNYショットです。おじいちゃんの過ごした夏のNYの思い出をデータ化してみました♪

Photo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/25

初めてのポストカード

 

 

発送紆余曲折(?)を超えてついに届きました~~~!

      

初めてのポストカード。大好きなNYの写真で作ったポストカード。

いいです。かなりいい。ここのカード品質いいかも。

クセになりそう。また新バージョンで作ちゃいそう。ヤバイっ(汗) 

      

    

ご無沙汰の友人に送ってみよう。マニュアルでの挨拶もたまにはいいよね。

   

   

    

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/24

写真小物は楽し

 

シロウトでもプロ気分が味わえる写真小物が大好き。旅から戻ると記念に作ってみたくなる。いろんな思い出をこめて。小さな写真集は旅日記風に。ポストカードは友人へのお土産話に。そして写真を表紙にしたノートは次への計画メモに。

 

夏のNYの思い出を早速注文。どの写真にしようかな?レイアウトはどうしようかな?簡単操作、でも真剣に悩んでやっとこさポチっ。注文完了。あとは配送を待つ。今回は写真選択難航(?)で2回に分けて注文。1回目は料金控えめのメール便でポチっ。2回目は翌日に宅配便指定でポチっ。うん、これで仕上がり日時差を乗り越えて同日配送期待できるかも。

 

 

金曜日夜発送完了メールを受け取る。制作が順調にすすんだ様子で両オーダーとも同日出荷された様子。ドキドキ。宅配便は土曜日に配送かな。ラッキー。がっ、一向に配達の気配なし。ここで意外な落とし穴を発見。宅配便は日本郵便のゆうパック扱い。822日(金)220時神田支店引き受け、823日(土)2:59新東京支店通過、8:59○○支店到着。“配送予定826日” んっ???26日って火曜日なんですけど・・・宅配便料金とっておきながら引き受けから配送までぜ~~んぶ都内で所要5日ってありえる訳???土曜日に担当支社に配送されて仕分け作業まで丸2日間眠らされ、やっと月曜日に仕分け、そして翌日の火曜日に配送って訳?これって宅配便扱いにみなす価値ある?ふ~到着まであと2日待たねばなりません。さっすが元国営。民営化民営化とか騒いで組織だけは一応会社風にはなったけれど、役所体質はヌ・ケ・ズ。大事な注文にケチがついたみたいでちょっと悲しい。

 

その反面、料金たったの180円、だけどクロネコヤマトのメール便扱いでのノートは本日ちゃ~んと配送されてきました。発送からポスト投函まで所要3日!宅配便がメールを扱い、郵便が宅配を扱い、市場争奪戦が繰り広げられているけれど、日本郵便相当頑張らないとね・・・・・(笑)

追記:

日本郵便さんゴメンナサイ。あ~勘違いでした。メーカー側(発送者)の伝票記載ミスで勝手に日にち指定されていました。も~~~!ホントウにごめんなさい。

ポチっでますます宅配便の利用が盛んになってゆきます。各企業切磋琢磨でよりよいサービスお願いします。

 

 

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/20

ポストカードの構図

 

まだまだNYビギナーだった頃、よく絵葉書を買っていたなぁ。絵葉書みたいな場所へはなかなか行けないし、そんな風にキレイに撮れない。これはどこだろう?へ~こんな景色があるんだ!いつか行ってみたいなぁ~と私を誘ったある意味NYへの観光ガイド(笑)回数を重ねるうちにだんだん絵葉書に描かれている場所がわかってきて、自分でも“それらしい”写真が撮れるようになってきてすっかり見ることもなくなってしまった絵葉書たち。でもどうしてもまだ辿り着けない場所がある。それがこの写真の光景。

 

映画ギャングオブニューヨークのラストのシーンでも使われていた構図である。場所的にはジャックトレスチョコレートから後方、東方面のビルからのショットだと思うのだが・・・・いいや、もしそうだとしても、ノックしたって観光客を招き入れてくれる訳もなく。ふぅ・・・・いつかこの光景を収めることができますように、そう願い続けるしかないのかな。誰かこの近辺で私を招きいれてくださる方はいませんか~~~?(笑)

 

 

えっ?これは絵じゃないかって?たとえそうでも、この構図はありえるんだよな~

今一番行ってみたい場所はココかもしれません(笑)

 

 

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/16

突然の雨

オトモダチの写真展を見に四谷までお出かけ。この界隈、四谷~新宿間は都会の顔と普通の生活の顔があって散策に飽きない場所。NYから帰って3週間、ほとんどカメラ触ってな~い、継続は力なり、今日はカメラを持って出かけよう。面白いことあるかな?

四谷3丁目で下車。写真展の会場は元小学校。校舎の面影をそのままに残し市民ギャラリーとして活用されているらしい。久々の小学校、わ~~階段のステップってこんなに緩やかだったけ?きゃ~かわいいサイズの机!ギャラにーに行く前から楽しんでいる私。写真展もなかなかの楽しさ。フォトグラファー数名で2008枚の写真を展示するという“2008枚展” 展示の仕方、コンセプトの作り方、いろいろ勉強になりました。でも一番の刺激は写真の質。ハイレベルな写真の数々に圧倒されちゃった。これでシロウトですか?ってカンジで(もちろんプロとして活躍している方の展示もあったけど)、プロもその差をどうやってつけるか大変だろうなぁ・・・・

そして私も写真が撮りたくなる。帰り道写真撮りながら駅へ向かおう。校庭へ出て数メートル。ポツ、ポツ、ポツ・・・雨だぁ~~~。だんだん激しくなってくる。傘はなし、大事なカメラもっているし駅までダッシュはムリってもんです。自転車置き場の屋根の下でしばし雨宿り。振り向くと満開のひまわりが。校舎と向日葵のコラボ。なんか懐かしい光景だなぁ。パチリ♪

カメラがあれば雨宿りもまた楽し(笑)


Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真談義のオマケ?

韓国料理食べたいね!ってことでお盆のまっただなか東京っこで恵比寿集合。さすが恵比寿、韓国料理もお洒落です。メンバーはNYつながり。いいや、きっかけはNY好きが共通項目だったけど、今は写真つながりといったほうが正しいな。5年間スクールに通う正統派さん、最近目覚めて講座集中さん、そして自分流の私、このメンバーでの再会は久しぶり。近況報告やら写真の話やら話題はエンドレス。お料理もこれまた美味しくて、いいカンジ。とりあえず席予約だったけど到着時はガラガラ。もし店内混みあったら2時間でラストオーダーお願いしますなんて予約のとき言われていたが、お盆中に混むわけないじゃん!と思っていたらあっという間に広い店内が満席。盆・正月は東京ガラガラは過去の話?きっちり2時間でラストオーダーとなる。

次はお茶だね。と、これまたいかにもNYにありそうなカフェへ向かう。ココは以前から気になっていたお店。古い木造家屋をイマドキ風に改造。スイーツメニューも充実で嬉しいな。古い階段を昇り2階席へ。着席した瞬間から妙にカビ臭い?湿気くさい?納戸の香?なんか気になるカビのようなニオイ。トイレが近いから?時々異常に嗅覚が敏感になる私デス(笑)

 

しばし臭さも忘れて先日のNY写真ネタで写真談義に花が咲き、あっという間に時計は23時を過ぎ帰路につく。途中妙にベルトのあたりが痛痒い。帰宅してビックリ!ダニに刺されて5箇所赤く腫れてる!痒い~~~。やっぱりね、湿気臭かったもの。薄暗くてオサレーは反対にみたら、埃や汚れも見えないって事。怖っ。オーナーさん、空調管理と日光消毒お願いします。雰囲気も、充実のスイーツも、店員さんもカンジよかっただけにザンネン!

 

風通し良くしなくちゃね。建物も人間も。空気の停滞は運気下がります。お盆休みも残りあと2日。私もしっかりココロに風しておかなくちゃ(笑)

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/13

帰国の朝は雨

7月23日(水)滞在8日目 帰国の日

またか。NYへの便が到着の頃雨が上がり、滞在中は天気に恵まれ、そして帰国の朝は雨、そして離陸の頃には雲の合間から陽がさすといったパターンがよくある。パッキングを終えて迎えの車を待つ。途中ハミルトンパークへ寄ってもらったが、カメラを構えた瞬間に雨がポツリ・・・最後の撮影したかったなぁ。ザンネン!空港へ到着する頃には青空にかわっていた。雨上がりのマンハッタン撮りたかったなぁ。ちょっぴり後ろ髪引かれながらもココロ残りはナシ。この1週間朝から晩までメチャ楽しみました、それもぜーんぶ自分のペースでね。

若干重量オーバーだったけど、課金されることなくチェックイン終了。いつものゲートにはいつもの日系担当、見慣れた光景だ。まもなくボーディングが開始される時間の頃に妙なアナウンス。機材点検ため時間を要します。詳しい事はまもなくお伝えできる予定です。このままゲート付近でお待ちください。だって。とても嫌な予感。まっ、私が焦っても事態好転するわけじゃなし、写真データでも眺めて思い出に浸ってよっと。

結局機材交換で2時間遅れて出発となった。最小限の遅れでよかった・・・隣の席はニッポンの母子。旦那さんの赴任で10年以上NJ暮らしなんだとか。当初のマンハッタン暮らしではしがらみなくて楽チンだったけど、NJへ移ってからはね・・・・どこの国も一緒なのよ、アメリカは自由の国って思っていたのに・・・と、彼女は言う。中流クラスの奥様方は、マニュアル化してて、●●はあそこ、○○はここのコレといった具合にメンドクサイの。まるで東京の○X谷・○黒の奥様達とオンナジ!・・・んっ?そこは私のホームタウンなんですけど、で、そんなマニュアルな生活してませんけど(笑)家族以外の人と日本語で喋るのは久しぶりと快活な彼女は話題には事欠かない様子。 

 

沢山の話題の中からココロに残った言葉があった。毎日毎日雑用まみれだけど、日々の生活が私のアートなの、家具、服、家族の食卓・・・すべてが私の好みで満たされているの。金銭的にゆとりある生活であろうことは身のこなしですぐに分かったけれど、この境地にいたるまで彼女の葛藤は大変なものだったのだろうな・・・そう思えた。いいや、普通の子育て以上に気配りが必要なお子さんを抱えたからこそ、よりいっそう日々の生活が愛おしいのかもしれない。 

 

到着の日のハミルトンパークでの夕景で、スタテン島での野球観戦で、夏の夕暮れのシーンで、今回の旅はなぜか子供時代の事を思い出した。何かを疑うことも・誰かを憎むこともなかった平和な日々。振り向けばかならず居た信じられる存在。母も日々の生活を愛しんでくれたのだろうな。いい子供時代をすごしていたんだなぁ・・・・今の私はどうだろう? 旅の最後にいい人と出会えてよかったな。私も日々の生活をもっと楽しもう、そう気づかせてもらったようで。NYもいいけど、それは日常があってこそ。 

 

ただいま♪我が家のお風呂に入ってほっとする私が居ます(笑) 

 

 

 

Photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/12

夜景独り占め

滞在7日目 そのニ

実はさ~~言ってなかったけど、ウチの屋上からエンパイアが見えるんだよね・・・と友人の言葉。(??な方、昨日分参照くださいませ(笑)良かったら来てみる?仕事のアポがあるから案内だけしかできないけど条件で、とのこと。即決!再び7時過ぎに向かう約束をしてランチ散会。最後の散歩はSOHO。カメラ片手に気ままに歩く。B’way 沿いの大型店舗には興味沸かないけれど、ストリート沿いのカラフルなお店はいつみても楽しい。・・・・そんなこと言いながらも、結局量販店の代表みたいなH&Mに吸い込まれ、会社にはいてゆけそうなスカートを物色。ウソツキだな~私(笑)レジ終えて時計を見たら限りなく時間が迫っている。イカン!レンズ交換に帰らなくちゃ!お昼用に標準レンズのみ持参でした。夜景にはやっぱり広角~望遠レンズ必要でしょ~~~

夕方のちょっとしたラッシュに巻き込まれながらも、ユニオンスクエアの夕景を収め、約束の時間になんとか友人宅前へ。駅から約10ブロック早足で歩き、ビルの空調のない階段を登り、屋上にたどり着いたときには汗まみれ。最後の日もやっぱり汗との戦いじゃん!暑さ嫌いのワタシには夏のNYってOUT?ブツブツ・・・・・そして、・・・・屋上のドアが開かれると涼やかな風が吹き、目の前には夏のモヤに覆われたマンハッタンが一望。エンジョイ!と言葉を残し友人は仕事へ戻っていった。

 

そして、屋上には私ひとり、静かな静かなマンハッタンの夕景。なんだ?いったいなんなのこの感動?モヤっていてクリアに見えないし、オサレーでもない飾り気の無い屋上からの景色なのに。いわゆる夜景の王様・女王様的場所、ハミルトンパーク、BUMBOTOR、エンパイアからでは感じなかったこのキモチ。どのビルにも生活の香がする屋上があって、ペントハウスを楽しんでいる風、ビアガーデン風、ガーデニング風、無造作なすがまま風、そう、生活に溶け込んだ日常のシーンのフィルターを通してみるマンハッタンの夕景。このココロの動きは、ビジターから、住人目線でみるマンハッタンへ変わった瞬間だったのだ。

 

曇とモヤの空模様、いつ日の入りだったのか、いつアオイジカンに変わったのかまったく不明のあいまいな色につつまれて約2時間あまり夜景を独り占め。ふぅ~~~と深呼吸して帰国へ向けて再び気持ちを切り替える。最後の晩になんという贅沢な時間をもてたのだろう。

 

ありがとう。 

 

そしてまたこの大好きな地NYCにもどって来れますように・・・・・

 

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/08/11

満たされたランチ

7月22日(火)滞在7日目 そのイチ  

 

キィウィ、バナナ、ヨーグルト。なんともヘルシーな朝食。いいねっ。そして今日はSOHOでランチ。でも、その前に今日も再びアッパーウェストに向かわなくちゃだ。なぜ?って昨日購入したバックに心変わりが発生。比べて諦めたピンクの方がやっぱり便利かも!って閃いてしまったから。善は急げ!さあ行くぞ。

無事に返品・交換終了。アメリカの返品システムって便利だなぁ~(笑)冗談ヌキで便利だと思う。うっかり購入しちゃっても、自宅で持ち合わせの品々とコーディネイトしながらじっくり考えられるから。日本だと返品はかなり気が引ける・・・っていうか不具合があっての交換やサイズ交換はしたことがあるけれど、気に入らなかったからの理由での返品ってしたことないな。(反対に言えば、アメリカでは買い物するときは要品質チェックってことだ。汚れ物・ホツレものたまにあるんですよね。気軽にショッピングできる価格帯の店では)

 

#102バスで南下、42NDで東へ曲がりブライアントパークで下車。FラインでSOHOへ。予約のイタリアンレストランへ向かう。ありっ?住所的にはたしかこの近辺なんだけど・・・見当たらない。一度過ぎた後、再び戻ってみる・・・・・ドアはあるけれど、ここって営業しているの?遮光カーテンらしきものがすっかり降りているし・・・・恐る恐るドアを開けてみる。

どっひゃ~~~~!そこには別世界が広がっていた。ベネチアングラスで飾られた超オサレーな灯りの装飾。客層もオサレーだ。写真心がそそられるけど、ここでこっそり撮影はワタシ的写真道にはそぐわない。遠慮がちに聞いてみる、グラスと照明がとってもキレイ、このキレイを写真に残してもいいですか?と。ご自由にどうぞ、だって。うはははは~~ココロ踊ります。

メニューからレストランウィークのランチコースをチョイス。前菜、メイン、デザートから好きなものを一品ずつ選び、料理が運ばれてくるのを待つ。たまにはちょっとお洒落して、こういう環境に身を置くって必要だよね~と話も弾み、期待を裏切らなかった味に大満足。昨日のプアーな食生活一気に挽回(笑)最後のランチが最高に楽しくって、ココロがここにありすぎて、帰国が明日だということが悲しくて仕方ない。

今晩の予定は?友人から質問を受ける。今日はどこかのルーフトップバーに行こうかな・・・と私。とりあえず川向こうからのマンハッタン夜景は堪能しつくしたので、どこかホテルの屋上バーからマンハッタン内でとる街中夜景を考えていたのだ。

 

そしてその晩イリマチに向かったのは・・・・・次の日記へ続く(笑)

 

 

Photo

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

マイナーリーグ観戦

滞在6日目 そのサン

スタテン島のヤンキースマイナーリーグはものすごく楽しいらしい。メジャーリーグにたとえたらサブウェイシリーズにあたる、ヤンキースとメッツの弟分の試合がちょうど滞在中にある。そしてその野球観戦以外にものすごく興味あるのは球場のロケーションの良さだ(←風景として捉えた場合デス)これは行く価値アリでしょ~。日本出発前、事前購入でバックネット裏の最上席をGET、マイナーリーグ価格ですから躊躇なく買えます(笑)

フェリーを降り、そのまま海沿いに進めばボールパーク。うひゃ~~~楽しい!とにかく楽しいのだ。観客と球場一体型。Let’s go Yankees!気がついたら口ずさみ、東京から6700万マイル遠く離れスタテン島で観戦してるっていうのにちっともアウェイじゃないワタシがそこに居た。なぜか子供の頃の後楽園球場を思い出す。夏休みに野球を見に行くのが楽しかったなぁ。懐かしく暖かい記憶。そして正面に暮れ行くロゥワーマンハッタンを眺めながらパチリ♪野球が好きでも、そうじゃなくても、そこに居るだけでなんか幸せな気分になれる、そんな球場だった。またいつか来たいな。それもスカイライン一望のVIPルームへね(笑)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/09

食にツキのない日

滞在6日目 そのニ

買い物疲れ?大した事してないけど、妙にダルイ。そろそろランチタイムかな。疲れたときは、バーガー系のアメリカンな食事より、やはりアジア食が欲しくなる。ってことで手軽なサイゴングリルへ向かう。何にしようかな?GW食べたステーキサラダ美味しかったけど、ランチメニューから“春雨ヌードル入りピリ辛スープ”とやらを選んでみる。 

 

なんだ一体?ボールのような器に並々と注がれたオレンジミルク色のスープ、ブチブチに切れた麺が少々。くぅ~~~私は麺を食べたかったのに。こんなにスープのんだら塩分過多!ダメだこりゃ。カビのベーグルに続きランチも大失敗。昼寝して出直そっと(笑)そして、両手に大荷物を抱えてNJへもどる昼下がり。どうか夕食は外れませんように(切実!)

 

 

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

結局買い物がすき

721日(月)滞在6日目 そのイチ

ぎゃ~~朝から悲鳴をあげたくなる。だって・・・・テーブルに置いてあったベーグルが全滅!カビに覆われて、まるで蚕状態!この数日暑かったからなぁ・・・気を取り直して大好きなFAGEのヨーグルトで朝食。日本から持参した五穀米レトルトパックともずくスープに救われたぁ~(笑) 

 

今日はアッパーウェストへ向かう。なぜか友人達からのリクエストはゼーバースのエコバックに人気集中。1ラインで79ST駅へ。いつもの見慣れた景色が心地よい・・・・と思った矢先、バーゲン店が目に飛び込む。あらら・・・バーゲンハンターになっちゃった!大きな袋いっぱいにお買いあげ~~~(笑)夢中になりすぎて目標忘れるところだった、イカン、ゼーバースに行かなくちゃ。ここも大好き、チーズや、オリーブや、お惣菜や、飽きないもの。2階のキッチン用品もめちゃ楽しい。もしも私がアッパーウェストの住人だったら毎日通ってしまうのだろうな。 

 

そうもしマンハッタンに住むことができるのなら、私はここアッパーウェストを選びたい。そして部屋はハドソンリバーが一望できる西向きの部屋がいい。部屋から毎日イリマチできるなんて最高でっす。そんな妄想全開で食材マーケットでFAGEを物色していると、気のよさそうなおっさんが話しかけてきた。そのヨーグルトってどう?美味しいの?ボクはいつもダノンなんだけど、友達がねFAGEが良いっていうんだよ。当然ワタシは答える、ヨーグルトのチャンピオン!おっさんは妙に納得した様子で、じゃボクも買ってみよっと彼はバスケットにFAGEを数個入れてお買い上げ。街中でこういう他愛無い会話が弾むNYいいよね。もちろんワタシもFAGO、バナナ、キィウィをお買い上げ。服・日用品、買い物って楽しいな~

 

 

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/08

スカーフは便利だなぁ

滞在5日目 そのニ

 

さて夜のお楽しみはJAZZである。暮れ行くマンハッタンを眺めながらJAZZを聞く。う~ん最高!それが、だっ・・・服がかなりヤバイ事になっている。ガーバナーズ島で大汗をかき、服がヨレヨレなのだ。履き替えのオサレーな靴は持参していたけれど、肝心の服が!ここまで汗をかくとは想定外。質の良いコットンレースのブラウスにジーンズ、これなら夜も大丈夫、そう思って支度を整えてきたのだけど・・・(着替えにもどる時間がない!だって川向こうNJなんだもん!) 

 

クーラーのバッチリ効いたフェリー待合室でしばし休憩しつつ対策を考える。まっ、体を拭いてさっぱりしてみようか。汗抑ウェットティシュは便利だな~。手足首拭いているうちに徐々に平常心を取り戻してきた。そっか!冷房対策に持ってきた大判シフォンスカーフがあった!肩にかけてみる。おっ~~シワシワの部分が隠れましたぁ!そして靴を履き替えて、ハイ!夜モードの出来上がり。

 

オンナゴコロは微妙なのだっ(笑) 

 

 

Photo

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/07

訳せば知事の島

7月20日(日)滞在5日目 そのイチ

長~~~い1日だった昨日の疲れもなく朝キチンと目が覚める。会社に行く日じゃありえないほどシャッキーン心地よい目覚め。朝の日差しを眺めながらしばらくベットでゴロゴロ。あ~なんて心地良いんだろ。がっ、今日も外は暑いんだろうな。

さすが日曜日。道はスイイスイ。#15バスで南下イーストビレッジに向い、サンデーブランチを楽しむ。GWのときの寒空とは一転、ギラギラの太陽に誘われてか何処もにぎわっている。目指した店はすでに長蛇の列。う~~~んこの暑さ外での待ちはかなりシンドイものがる。結局The Smithに落ち着く。2ヶ月前にもここでブランチしたな。毎度~!でもココは好き。2種類の水が(水と炭酸水)ボトルごとサービスされるのが心地よい。炭酸水のおかげで食欲が進むってもんです(笑)今回はサーモンのエッグベネリクトをチョイス。

お腹も満たされたあとはお散歩しなくちゃ。夏だけのお楽しみガーバナーズアイランドへ向かう。ここは1794年から1966年まで基地指令本部で、後の30年は湾岸警備に使用され、一般人は立ち入ることができなかった。しかし今はその役目を終え、公園として一昨年から季節限定で一般公開されている。おまけにフェリーも無料!!せっかくの夏の滞在ですもん行って見なくちゃ。

フェリーは以外にも大きく、普段見ることの出来ない景色を撮るぞ!と、元気いっぱいでむかったのだが、甲板は強烈な日差し、船内は空調なし。滴り落ちる汗で体力消耗。船上から太陽に輝く自由の女神がステキだったけど、パチリ♪の根性なし。ザンネン(笑)

でもね、”知事の島”の名前の由来(知事の避暑地だったらしい)どおり、海からの風が心地よくて、緑が鮮やかで、上陸した瞬間から、マンハッタンの喧騒からうそのように切り離されていった。あ~~~なんて心地いいんだろ。次回はもうすこし日差しの柔らかなときに自転車で島一周したいな。お弁当持参でね、そうピクニック。またしても次への楽しみを発見しちゃったかな。・・・・夜への予定に向けて4時30分の船で島をあとにする。

Photo 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/04

白フチが好き♪

今日はNY旅日記はちょっとお休み。写真ネタです。

週末に今回のNY写真を整理。便利な世の中です。好きなデータを選んでお店にオンライン注文しておけば会社帰りに受け取れる。とりあえず100枚まで絞り込んで昨晩真夜中に注文完了。

昨年真四角フォトにはまり、その白フチがあまりにも可愛かったことを思い出し、この注文は白フチ指定してみました。今日出来上がりを受け取ったのですが、うん、白フチいいです。フツーの景色なのに、なんかね絵葉書みたいにカッコよく見えるんです。

ただいま白フチ写真に夢中デス。あ~カワイイ(笑)

Photo_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/08/02

ピア1 

滞在4日目 そのナナ

同じくYork St駅から帰ったのでは芸がない。リバーカフェ周辺撮ってA/Cライン、High St駅から帰ろっと。毎度の場所へ向かう。ついでだから今年オープンしたピア1へ寄ってみようか。ここは昨年まで古びた倉庫が建っていた場所だ。今年のGWに訪ねたときはすっかり倉庫が取り壊され平地に。そしてこの夏にはパークとして一般公開されている。今まで立つことが出来なかった場所である。どんな景色がみえるのだろ?興味深深。なるほど対岸正面にはピア17、左を向けばブルックリンブリッジとマンハッタンブリッジの競演。いい景色じゃないですか~

夢中で撮るがもう限界。アオイジカンを過ぎ、三脚なしの手持ちではムリってもんです(笑)  

疲れきった足で駅へ向かう。おかしい・・・マンハッタンへ向かう電車が一本も来ない。来るのはブルックリン方面だけ。休止のアナウンスも張り紙もないのに。一駅戻ればJay St & Borough Hall駅、たしかそこF接続してハズ、マンハッタンにもどれる!で待つこと10分少々、アップタウン方面ゆきCラインがやってきた。なんで~~?とにかく乗ってみる。そして車内放送に目が点!ガス不具合のためW4丁目駅までFラインを走っているんですと。いくらまってもHigh St駅に電車来なかったはずだよ~~。 

あーーー-疲れた!このときすでに22時30分。お腹もぺこぺこ。お気に入りのタイレストランに飛び込んで無事夕食にありつく。朝も早からデマチして、コニーアイランド行って、DUMBOくまなく楽しんで、超充実の1日♪ 

 

 

Photo_5

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その瞬間にちかづく

滞在4日目 そのロク 

ラッキー。まだ閉門の声が掛からない。いつもなら夕陽が落ちる前に締め出されてしまうのに。もしかしたら今日こそホントウに収められるかもしれない。パチリ パチリ 一瞬、一瞬の色の移り変わりを撮り続ける。

橋に光も灯り始めた、あともう少し、もう少しでアオイジカン・・・・ 

そこでタイムアップ。閉園時間がやってきたようだ。完全なアオイジカンには至らなかったけれど、今出来る限りの近く、パーラメントブルーなアングルに近づく事が出来たのだもの。これでよしとしよう。人から見たらどうでもいいことかもしれないけれど、私の小さなこだわり。ちょっとだけ夢にちかづいた幸せな夜。

Photo_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【あとから知ったイベント】 

8月末までMovies with a view というフリーイベントが毎週木曜日、このrooklyn Bridge Parkの芝生の上で行われている。18時から23時まで。もしもウッドデッキのほうまで開放されているのなら、あのブルーがとれたハズ。ガビーン!また夏に行くきゃないな(笑) ってか、出来るなら冬のクリアな空気で撮りたいの!冬にこういうイベントないのかな??? 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さてイリマチ

滞在4日目 そのゴ

この夏はNYC滝のイベント開催中。ブルックリンブリッジ橋桁にも滝が。これは期待できるカモ。チャンスかも。何がって、あの憧れのパーラメントブルーのアングルを収めることができるかもしれないのだ。

ブルックリン橋とマンハッタン橋に挟まれたこのDUMBOエリアは二つの公園で成り立っている。Empire-FultonFerryStatePark と Brooklyn Bridge Park。一見ひとつのパークに見えるが、両者には大きな違いがある。日没の時間になると、ブルックリン橋に極近いEmpire-Fulton Ferry State Park(州の管理)は閉門。もう一方のBrooklyn Bridge Park(市の管理)はかなり遅い時間まで開いている。まもなく最高に美しい夕景の時刻がやってくる・・・それを待ちわびてベンチに腰をおろしていると必ず100%の確率で係員がまもなく閉園です。皆さん外へ出てくださいと巡回を始めるのだ。

911以降閉ざされてしまったブルックリンブリッジの橋桁。あのパーラメントのCMアングルに限りなく近づくにはこのパークしか無いというのに。あのブルーの中でブルックリンブリッジの橋桁にのぞくビル郡を撮りたいとチャレンジすること数知れず。すべて閉門で惨敗。いつか・・・・いつか・・・撮りたい光景である。それを収めたい、これもワタシのNY通いのモチベーションの一つでもある。

このイベントで滝ライトアップが毎晩夜10時まで行われるという。ブルックリン橋の橋桁にも滝が。もしかしたらこの夏は閉門時間が延びるのではないか?そう期待しているのである。 パチリパチリあのアングルで傾く夕陽を収める。夕陽がまさにWTCがあった場所に落ち、そして最後の輝きを放ち沈んでいった。そこに大きなツインタワーが見えたんだよね・・・・・・

 

 

あと30分もしないうちにアオイジカンがやってくるだろう。

Photo_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*パーラメントブルー 

フィリップモリス社のパーラメントというタバコのCM日本版では、マンハッタンのとてつもなく美しく輝く夜景をその青いパッケージ色と結びつけ、美しい曲をバックに“自由と安らぎの香り”というナレーションが最後に入る。タバコのCMが禁止された今では見ることができないが、1980年代後半から1990年代半ばまで放映されていた。バージョンはいくつもあるが、私の一番記憶に残っているのは1989年代放映のボビー・コードウェルの“カム・トゥ・ミー”。YouTubeに投稿があったようだがすでに削除された様子。ザンネン。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »