« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »

2008年8月10日 - 2008年8月16日の記事

2008/08/16

突然の雨

オトモダチの写真展を見に四谷までお出かけ。この界隈、四谷~新宿間は都会の顔と普通の生活の顔があって散策に飽きない場所。NYから帰って3週間、ほとんどカメラ触ってな~い、継続は力なり、今日はカメラを持って出かけよう。面白いことあるかな?

四谷3丁目で下車。写真展の会場は元小学校。校舎の面影をそのままに残し市民ギャラリーとして活用されているらしい。久々の小学校、わ~~階段のステップってこんなに緩やかだったけ?きゃ~かわいいサイズの机!ギャラにーに行く前から楽しんでいる私。写真展もなかなかの楽しさ。フォトグラファー数名で2008枚の写真を展示するという“2008枚展” 展示の仕方、コンセプトの作り方、いろいろ勉強になりました。でも一番の刺激は写真の質。ハイレベルな写真の数々に圧倒されちゃった。これでシロウトですか?ってカンジで(もちろんプロとして活躍している方の展示もあったけど)、プロもその差をどうやってつけるか大変だろうなぁ・・・・

そして私も写真が撮りたくなる。帰り道写真撮りながら駅へ向かおう。校庭へ出て数メートル。ポツ、ポツ、ポツ・・・雨だぁ~~~。だんだん激しくなってくる。傘はなし、大事なカメラもっているし駅までダッシュはムリってもんです。自転車置き場の屋根の下でしばし雨宿り。振り向くと満開のひまわりが。校舎と向日葵のコラボ。なんか懐かしい光景だなぁ。パチリ♪

カメラがあれば雨宿りもまた楽し(笑)


Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真談義のオマケ?

韓国料理食べたいね!ってことでお盆のまっただなか東京っこで恵比寿集合。さすが恵比寿、韓国料理もお洒落です。メンバーはNYつながり。いいや、きっかけはNY好きが共通項目だったけど、今は写真つながりといったほうが正しいな。5年間スクールに通う正統派さん、最近目覚めて講座集中さん、そして自分流の私、このメンバーでの再会は久しぶり。近況報告やら写真の話やら話題はエンドレス。お料理もこれまた美味しくて、いいカンジ。とりあえず席予約だったけど到着時はガラガラ。もし店内混みあったら2時間でラストオーダーお願いしますなんて予約のとき言われていたが、お盆中に混むわけないじゃん!と思っていたらあっという間に広い店内が満席。盆・正月は東京ガラガラは過去の話?きっちり2時間でラストオーダーとなる。

次はお茶だね。と、これまたいかにもNYにありそうなカフェへ向かう。ココは以前から気になっていたお店。古い木造家屋をイマドキ風に改造。スイーツメニューも充実で嬉しいな。古い階段を昇り2階席へ。着席した瞬間から妙にカビ臭い?湿気くさい?納戸の香?なんか気になるカビのようなニオイ。トイレが近いから?時々異常に嗅覚が敏感になる私デス(笑)

 

しばし臭さも忘れて先日のNY写真ネタで写真談義に花が咲き、あっという間に時計は23時を過ぎ帰路につく。途中妙にベルトのあたりが痛痒い。帰宅してビックリ!ダニに刺されて5箇所赤く腫れてる!痒い~~~。やっぱりね、湿気臭かったもの。薄暗くてオサレーは反対にみたら、埃や汚れも見えないって事。怖っ。オーナーさん、空調管理と日光消毒お願いします。雰囲気も、充実のスイーツも、店員さんもカンジよかっただけにザンネン!

 

風通し良くしなくちゃね。建物も人間も。空気の停滞は運気下がります。お盆休みも残りあと2日。私もしっかりココロに風しておかなくちゃ(笑)

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/13

帰国の朝は雨

7月23日(水)滞在8日目 帰国の日

またか。NYへの便が到着の頃雨が上がり、滞在中は天気に恵まれ、そして帰国の朝は雨、そして離陸の頃には雲の合間から陽がさすといったパターンがよくある。パッキングを終えて迎えの車を待つ。途中ハミルトンパークへ寄ってもらったが、カメラを構えた瞬間に雨がポツリ・・・最後の撮影したかったなぁ。ザンネン!空港へ到着する頃には青空にかわっていた。雨上がりのマンハッタン撮りたかったなぁ。ちょっぴり後ろ髪引かれながらもココロ残りはナシ。この1週間朝から晩までメチャ楽しみました、それもぜーんぶ自分のペースでね。

若干重量オーバーだったけど、課金されることなくチェックイン終了。いつものゲートにはいつもの日系担当、見慣れた光景だ。まもなくボーディングが開始される時間の頃に妙なアナウンス。機材点検ため時間を要します。詳しい事はまもなくお伝えできる予定です。このままゲート付近でお待ちください。だって。とても嫌な予感。まっ、私が焦っても事態好転するわけじゃなし、写真データでも眺めて思い出に浸ってよっと。

結局機材交換で2時間遅れて出発となった。最小限の遅れでよかった・・・隣の席はニッポンの母子。旦那さんの赴任で10年以上NJ暮らしなんだとか。当初のマンハッタン暮らしではしがらみなくて楽チンだったけど、NJへ移ってからはね・・・・どこの国も一緒なのよ、アメリカは自由の国って思っていたのに・・・と、彼女は言う。中流クラスの奥様方は、マニュアル化してて、●●はあそこ、○○はここのコレといった具合にメンドクサイの。まるで東京の○X谷・○黒の奥様達とオンナジ!・・・んっ?そこは私のホームタウンなんですけど、で、そんなマニュアルな生活してませんけど(笑)家族以外の人と日本語で喋るのは久しぶりと快活な彼女は話題には事欠かない様子。 

 

沢山の話題の中からココロに残った言葉があった。毎日毎日雑用まみれだけど、日々の生活が私のアートなの、家具、服、家族の食卓・・・すべてが私の好みで満たされているの。金銭的にゆとりある生活であろうことは身のこなしですぐに分かったけれど、この境地にいたるまで彼女の葛藤は大変なものだったのだろうな・・・そう思えた。いいや、普通の子育て以上に気配りが必要なお子さんを抱えたからこそ、よりいっそう日々の生活が愛おしいのかもしれない。 

 

到着の日のハミルトンパークでの夕景で、スタテン島での野球観戦で、夏の夕暮れのシーンで、今回の旅はなぜか子供時代の事を思い出した。何かを疑うことも・誰かを憎むこともなかった平和な日々。振り向けばかならず居た信じられる存在。母も日々の生活を愛しんでくれたのだろうな。いい子供時代をすごしていたんだなぁ・・・・今の私はどうだろう? 旅の最後にいい人と出会えてよかったな。私も日々の生活をもっと楽しもう、そう気づかせてもらったようで。NYもいいけど、それは日常があってこそ。 

 

ただいま♪我が家のお風呂に入ってほっとする私が居ます(笑) 

 

 

 

Photo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/12

夜景独り占め

滞在7日目 そのニ

実はさ~~言ってなかったけど、ウチの屋上からエンパイアが見えるんだよね・・・と友人の言葉。(??な方、昨日分参照くださいませ(笑)良かったら来てみる?仕事のアポがあるから案内だけしかできないけど条件で、とのこと。即決!再び7時過ぎに向かう約束をしてランチ散会。最後の散歩はSOHO。カメラ片手に気ままに歩く。B’way 沿いの大型店舗には興味沸かないけれど、ストリート沿いのカラフルなお店はいつみても楽しい。・・・・そんなこと言いながらも、結局量販店の代表みたいなH&Mに吸い込まれ、会社にはいてゆけそうなスカートを物色。ウソツキだな~私(笑)レジ終えて時計を見たら限りなく時間が迫っている。イカン!レンズ交換に帰らなくちゃ!お昼用に標準レンズのみ持参でした。夜景にはやっぱり広角~望遠レンズ必要でしょ~~~

夕方のちょっとしたラッシュに巻き込まれながらも、ユニオンスクエアの夕景を収め、約束の時間になんとか友人宅前へ。駅から約10ブロック早足で歩き、ビルの空調のない階段を登り、屋上にたどり着いたときには汗まみれ。最後の日もやっぱり汗との戦いじゃん!暑さ嫌いのワタシには夏のNYってOUT?ブツブツ・・・・・そして、・・・・屋上のドアが開かれると涼やかな風が吹き、目の前には夏のモヤに覆われたマンハッタンが一望。エンジョイ!と言葉を残し友人は仕事へ戻っていった。

 

そして、屋上には私ひとり、静かな静かなマンハッタンの夕景。なんだ?いったいなんなのこの感動?モヤっていてクリアに見えないし、オサレーでもない飾り気の無い屋上からの景色なのに。いわゆる夜景の王様・女王様的場所、ハミルトンパーク、BUMBOTOR、エンパイアからでは感じなかったこのキモチ。どのビルにも生活の香がする屋上があって、ペントハウスを楽しんでいる風、ビアガーデン風、ガーデニング風、無造作なすがまま風、そう、生活に溶け込んだ日常のシーンのフィルターを通してみるマンハッタンの夕景。このココロの動きは、ビジターから、住人目線でみるマンハッタンへ変わった瞬間だったのだ。

 

曇とモヤの空模様、いつ日の入りだったのか、いつアオイジカンに変わったのかまったく不明のあいまいな色につつまれて約2時間あまり夜景を独り占め。ふぅ~~~と深呼吸して帰国へ向けて再び気持ちを切り替える。最後の晩になんという贅沢な時間をもてたのだろう。

 

ありがとう。 

 

そしてまたこの大好きな地NYCにもどって来れますように・・・・・

 

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/08/11

満たされたランチ

7月22日(火)滞在7日目 そのイチ  

 

キィウィ、バナナ、ヨーグルト。なんともヘルシーな朝食。いいねっ。そして今日はSOHOでランチ。でも、その前に今日も再びアッパーウェストに向かわなくちゃだ。なぜ?って昨日購入したバックに心変わりが発生。比べて諦めたピンクの方がやっぱり便利かも!って閃いてしまったから。善は急げ!さあ行くぞ。

無事に返品・交換終了。アメリカの返品システムって便利だなぁ~(笑)冗談ヌキで便利だと思う。うっかり購入しちゃっても、自宅で持ち合わせの品々とコーディネイトしながらじっくり考えられるから。日本だと返品はかなり気が引ける・・・っていうか不具合があっての交換やサイズ交換はしたことがあるけれど、気に入らなかったからの理由での返品ってしたことないな。(反対に言えば、アメリカでは買い物するときは要品質チェックってことだ。汚れ物・ホツレものたまにあるんですよね。気軽にショッピングできる価格帯の店では)

 

#102バスで南下、42NDで東へ曲がりブライアントパークで下車。FラインでSOHOへ。予約のイタリアンレストランへ向かう。ありっ?住所的にはたしかこの近辺なんだけど・・・見当たらない。一度過ぎた後、再び戻ってみる・・・・・ドアはあるけれど、ここって営業しているの?遮光カーテンらしきものがすっかり降りているし・・・・恐る恐るドアを開けてみる。

どっひゃ~~~~!そこには別世界が広がっていた。ベネチアングラスで飾られた超オサレーな灯りの装飾。客層もオサレーだ。写真心がそそられるけど、ここでこっそり撮影はワタシ的写真道にはそぐわない。遠慮がちに聞いてみる、グラスと照明がとってもキレイ、このキレイを写真に残してもいいですか?と。ご自由にどうぞ、だって。うはははは~~ココロ踊ります。

メニューからレストランウィークのランチコースをチョイス。前菜、メイン、デザートから好きなものを一品ずつ選び、料理が運ばれてくるのを待つ。たまにはちょっとお洒落して、こういう環境に身を置くって必要だよね~と話も弾み、期待を裏切らなかった味に大満足。昨日のプアーな食生活一気に挽回(笑)最後のランチが最高に楽しくって、ココロがここにありすぎて、帰国が明日だということが悲しくて仕方ない。

今晩の予定は?友人から質問を受ける。今日はどこかのルーフトップバーに行こうかな・・・と私。とりあえず川向こうからのマンハッタン夜景は堪能しつくしたので、どこかホテルの屋上バーからマンハッタン内でとる街中夜景を考えていたのだ。

 

そしてその晩イリマチに向かったのは・・・・・次の日記へ続く(笑)

 

 

Photo

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

マイナーリーグ観戦

滞在6日目 そのサン

スタテン島のヤンキースマイナーリーグはものすごく楽しいらしい。メジャーリーグにたとえたらサブウェイシリーズにあたる、ヤンキースとメッツの弟分の試合がちょうど滞在中にある。そしてその野球観戦以外にものすごく興味あるのは球場のロケーションの良さだ(←風景として捉えた場合デス)これは行く価値アリでしょ~。日本出発前、事前購入でバックネット裏の最上席をGET、マイナーリーグ価格ですから躊躇なく買えます(笑)

フェリーを降り、そのまま海沿いに進めばボールパーク。うひゃ~~~楽しい!とにかく楽しいのだ。観客と球場一体型。Let’s go Yankees!気がついたら口ずさみ、東京から6700万マイル遠く離れスタテン島で観戦してるっていうのにちっともアウェイじゃないワタシがそこに居た。なぜか子供の頃の後楽園球場を思い出す。夏休みに野球を見に行くのが楽しかったなぁ。懐かしく暖かい記憶。そして正面に暮れ行くロゥワーマンハッタンを眺めながらパチリ♪野球が好きでも、そうじゃなくても、そこに居るだけでなんか幸せな気分になれる、そんな球場だった。またいつか来たいな。それもスカイライン一望のVIPルームへね(笑)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »