« ホスピタリティ  | トップページ | メトロノースに乗る »

2009/05/31

部屋移動

6日目 そのイチ  

朝、彼女が出かける支度をしている頃、ワタシはベットでゴロゴロしていた。行ってらっしゃい!と声をかけるつもりでいたのに、タイミングを逃してしまった。あちゃっ。テーブルの上に一枚の手紙。

I enjoyed having you here as a guest. I am sorry taht it rained so much while you were here.
Good luck with your plan B and I hope you return here one day.

アリガト。プランBのメドがたったら、必ず戻ってくるから。
いろんな事書きたかったけど、起き抜けの頭でスペルも浮かばなきゃ、移動するまでにもう時間もない!慌てて一筆のこして部屋を後にした。


後半は、その管理人の住居への滞在になる。
奥さんが専業主婦でいつもオウチに居るってことでルールがしっかり告げられた。
①外出時には一言かけ、帰宅時は声をかけない。
②朝食は7時30分から、管理人・奥さん・ゲストでテーブルを囲む。準備ができたら声をかけるのでそれまで出てこないように。
③キッチンは冷蔵庫のみ使用可。
④朝食時テーブルにつくときのみリビング通過可。(玄関入ってすぐが自室ドア)
⑤部屋とバスルームのみ占有で自由。
・・・・・ってことで、もし快晴の朝であってもここのベランダからのデマチは無しか。まあ、方角的に手すりから体そり出して東を捉えなきゃならないけど(汗)

色々言われてなんかメンドクサイ。一瞬ブルーになって、あ~彼女の部屋に戻りたいなっとちょっぴり思った。それでも、ここの部屋はいたって快適で、網戸越しだけれど眼下に広がるジャージーシティ、そして左手向こうにロゥアーマンハッタン、そしてその遠く向こうに、スタテン島からNJへつながる橋が望めた。荷物をパパッと広げ、急いで駅へ向かう。今日はメトロノースでちょっぴり遠出の予定。ちょうどエクスチェンジ方面が来た。これでPATHでWTC、1番に乗り42nd、そしてSラインでグラセンが最短かな。 

あっ雲が切れてきた。ちょっぴり天気に期待!

*ここのお部屋に滞在中のお天気あいにくだったけど、ベランダからの眺めは最高でした。いつかまた。
Photo_3

|

« ホスピタリティ  | トップページ | メトロノースに乗る »

コメント

キャー面倒臭い決め事がいっぱいですね(汗)
私なら間違いなくイエローカードを出されそうです(笑)

過去にも沢山の宿泊先を経験してらっしゃるバビオさん。バビオさん的に
一番良かったのはどこでしょうか?
例の眺めが最高の宿泊先ですか?

投稿: ケイティ | 2009/05/31 22:04

houseケイティさん

人間とは適応性のある生き物だっ。程なく慣れ、そんなにタイトに感じませんでした(笑)。朝食時のおしゃべりも楽しかったし。ん~~でも夜遊びした翌日、朝7時30分の食事はちょっときついかも。今回はインフル対策で大人しくしてましたが(苦笑)

やはりあの宿は忘れられません。特にマンハッタンルームと呼ばれていた部屋は、専用玄関があってまるで一人住まいしているかのようでした。ソファー、ミニキッチン、専用バス、そして部屋のベランダからはハドソンリバー越しにマンハッタン一望。淋しいときは供用玄関から入ってリビングで誰かと話ができたし。しっ、しかし、遠かった。対岸90丁目ってカンジだもん。FUJIバスもほぼ終点近くで、おりる頃は乗客ゼロになってるし(汗)余裕があるときはマンハッタンを眺めながら最高の移動時間だけど、疲れているときはしんどかった。簡単に宿へ帰るってロケーションじゃないです。当時は撮りバカしていなかったので不便なかったけど、今は無理かも。

結局、そのときの自分の”したい”と、滞在先条件がマッチしたとき、それが最高の宿になるんじゃないでしょうか。莫大な予算があったら、何処でも泊まれるんですけどね・・・(苦笑)

投稿: バビオ | 2009/06/01 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホスピタリティ  | トップページ | メトロノースに乗る »