« The Morris-Jumel Mansion | トップページ | 出会いのパターン »

2009/06/15

ここは外せない


8日目 そのサン

見学を終えて外に出ると、観光バスが止まり団体さんが入場開始を待っていた。一行はどうみても中流以上の方々ばかり。そういえばダイニングは貸し切りで供されている様子で、ケイタリングサービスの皿が運び込まれていたっけ。ジョージワシントンが使った部屋でいただく食事はどんななんでしょ。

再びSylvan Terraceを抜け163丁目駅まで戻る。次回はこの界隈Washington htsをもうすこし極めてみたい。だって今回はミッドタウン一望の景色に出会ってないんだもん!なんとなくあたりは付いているんだ、もうすこし上の通りから冬の時期にミッドタウン方面に沈む夕陽がとれるんじゃないかって(笑)次回にしたいこといまからてんこ盛り。次はいつになるのやら。東京での生活がんばらなくちゃな~。

時はランチタイム。昨晩の乏しい食事の記憶を塗り替えなくちゃ!やはりアジア食が食べたい私はUpper、毎度お馴染みのサイゴングリルへ向かう。ここでのお気に入りはサラダにサイコロステーキがのった一品。でもご飯が食べたい気分な今日は、スペシャルソースに漬けこんだ豚肉ソテーとやらを選んでみる。おっとビックリサイズのお肉が運ばれてくる。味は豚のショウガ焼きにちょっぴりハニーマスタードが加わった風味。これですよコレ、こういう醤油味が食べたかったの。体が食事を喜んでいる実感。やっぱりアジア食っていいな~


お腹も満ちて外へ出ると、太陽サンサン。これは彼の地へ行かなくては!(笑)

1番で42ndへ戻る。POBT前の出口に向かいFUJIバス(アミーゴバス)へ乗車。あれだけ毎日乗っていたこのバスにやはり一度は乗らないと、何かをし残したようなカンジで気がすまないなっ(笑)リンカーントンネルを抜け、マンハッタンスカイラインを右に眺め大きく回りきったところで小道の坂をくだり、HessのガソリンスタンドでBlvd Eastに合流、道なりに走り右折そして坂を登りきったその正面にマンハッタンが広がる。そして左折すると・・・・・そこは彼の地ハミルトンパーク。

やっぱりここは外せない。月曜のNJランチはあいにくの雨で眺めることのできなかったこの景色。今日は完璧な晴れ空の下、大好きなこの地に居るこの幸せ。
この景色に出会ってからもう何年経過しただろ?何十回この景色を眺めただろう?それでも飽きることのない景色。そして、なんでだろ?ここに来るといつもココロが満たされ、とっても穏やかな私になれる。心配や不安から完全に解き放たれ、なにかがキラキラ輝いているそんな気持ちになれる場所。快晴のハミルトンパークはココロの栄養剤。

東ではイーストリバー沿いのDUMBOでご機嫌、西ではハミルトンパークでココロ満たされ、私はManhattanでその渦中に居るより、ちょっぴり距離を置いてその姿を眺めている方が断然好きなんだと思う。次回からNYへ行ってきます、じゃなくてマンハッタンを眺めてきます、こう言ったほうが正しいなっ(笑)


心地よい風に吹かれ何時までもここに居たいけれど、明日は帰国。夕景を追いかける前に荷物をすこしまとめなければ。再びFUJIバスに乗り、リンカーンハーバーで下車(って普通は止まらないんですけどね。お願いして降ろしてもらいました。ハハッ超リピーターならではですな(笑))ライトレールに乗ってお部屋にもどる。うふふ、最近NJの交通機関完全に使いこなしているなワタシ(笑)


Photo_2

|

« The Morris-Jumel Mansion | トップページ | 出会いのパターン »

コメント

NYの街は大都会なのに古い物もちゃんと保存してる所が素敵ですね。

サイゴングリルのメニューがあまりにもリアルでお腹がすいて
きましたよ(笑)

そしてハミルトンパークへの道のり。目を閉じて想像していました。
道順、景色が完璧でございます。きっとバビオさんが通った道私も
一緒に今通りましたよ。ハッキリ想像できましたもん♪

私もハミルトンパークからの景色大好きです。癒されます
本当にマンハッタンが好きな人は実はマンハッタンの東か西に住む
のではないでしょうか?外から見るマンハッタンはマンハッタンの
ど真ん中に立ってる時には想像できないくらいキレイです。1つの
オブジェというか作品のようにも思えます。

辛い時期にこの日記は私を本気で癒してくれてます〜

投稿: ケイティ | 2009/06/18 00:33

restaurantケイティさん

お役に立てて光栄です♪

やっぱりゴハン人の私たち、飯食うアジア食が豊富なNYはいいです(笑)

もうNJのあの界隈の景色は脳裏にくっきりですよね。日常に疲れると朝通勤時間目を閉じて脳内トリップしています。頭にリアルな景色が浮かび、目を開けたらそこにいるんじゃいかって思うほど。臭いさえも感じそうな勢いです(笑)

西・東からマンハッタンを眺めると、あ~あの中でみんながんばっているんだなと、街が愛おしく思えます。スカイライン、あのマンハッタンに勝つ存在ってあるんでしょうか?そう思います。 

投稿: バビオ | 2009/06/18 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« The Morris-Jumel Mansion | トップページ | 出会いのパターン »