« メトロノースに乗る | トップページ | 街散策  »

2009/06/01

Tarrytown


6日目 そのサン

たまたま見ていたサイトでNYのティルームがいくつか紹介されていて、目を引いたのお店がこのTarrytownにあった。最初どんな街なのか見当もつかなかっけど、ググってなんとなく分かったのは、アンティークショップが建ち並ぶ静かな街だってこと。滞在中一日くらいは遠足気分味わいたいよねってことで決定。さほど観光情報もないまま、プリントアウトした駅からティールーム方面の地図だけもって、フラっとやってきてしまった。


駅は、よく日本の田舎でみる景色そのもの。無人の駅舎があって、反対側ホームへの階段があるだけ。数人おりたけれど、あっというまに自分の車や、迎えの車に乗り込み、気がついたらワタシはホームに一人(汗) 雲がとれてお日様参上。キラキラは嬉しいけど、日焼け止め塗ってませんから!薄曇りでいいですよ(苦笑)地図と現場を比べてみるが目印になるもの何も無し。ワタシは今どこにいるの~???タクシー乗り場のドライバーと目が合う。へへっ、タクシーに乗っちゃえ!と、走ってゆくが、どこに行くの?との問いかけに地図で応えたら、ここはアソコの道をゆけばすぐ到着するよといわれ、歩いて向かうことに。アレ?体の良い乗車拒否?(笑)


とりあえず教えられた方向へ歩いてみる、角を曲がると・・・・・どっひゃ~!すげー坂道(サンフランシスコ並)。ホントにここ登って到着できるの?若干不安ながら歩をすすめる。ゼーゼー・・・坂頂上へ到着。ここからは平坦な道に、そして視界が広がる。わ~~~~素敵素敵!おとぎ話のような街にやってきた~~


なんていうのかな、マンハッタンの流れが100だとするなら、ここは10。静かに緩やかに時を刻んでいる、そんなカンジ。コンクリートのビルがない。赤煉瓦だったり、木造だったり、とにかく空が広い。久しぶりの青空を愛でながらティールームへ。ドアを開けると地元のレディ達がランチを楽しんでいた。もちろん店内も独自の時間が流れていて、誰一人急ぐ人は居ない。お~い、そろそろオーダー取ってもらえませんか?(笑)


さすが紅茶専門店。メニューにはものすごい種類の紅茶、そして一点一点の特徴説明付き。読みきれません(汗)ミルクティの気分だったのでウバをチョイス。食事は悩んだ末、せっかくなのでアフタヌーンティセットを試してみることに。ハニーマスタードの利いたサンドウィチはとても美味しくて胃が喜んでいるなって実感。スコーンとケーキはいかにもアメリカってサイズで大味だったけど、久しぶりにアフタヌーンティを満喫できた。もちろん紅茶は大変おいしゅうございました。

今回はこのお店発見がこの街へ来るきっかけだったので外せなかったけど、近辺にかわいらしいレストランが数軒並んでました。お時間のあるかたは是非Tarrytownへ。日常を離れた贅沢な時間が過ごせますよ~♪
ってワタシはここの回し者かっ!(笑)


Tarrytown

|

« メトロノースに乗る | トップページ | 街散策  »

コメント

こんにちは。Tarrytownで検索してたどりつきました。
8月末にNYに行く予定があり、その時にTarrytownにいこうと思ったのですが、地図など資料がまったくなし。。
もし、滞在した時のティールームの地図でもいいので、お時間のあるときにメール添付で送っていただけませんか?
突然のお願いで申し訳ないです。
せめて、その坂道までの道のりが簡単でいいので、情報があると助かるのですが。。
すみません。よろしくお願いいたします。

投稿: AKIYAMA | 2009/07/10 00:47

sunAKIYAMAさん

こんにちは!書き込みありがとうございます。いいな~8月末にNYですか!羨ましい!

NYでこっそりと気の利いたお茶どころがないかな?と検索中にたどりついたのがこのTarrytownにある紅茶屋さんでした。それからいろいろ検索しましたが、ほんと街の情報が少ないですね。とくに日本語だと(笑) 紅茶屋さんの住所書いておきますね。3 North Broadway,Tarrytown, NY 10591 これでグーグルマップで検索してプリントアウトした地図を持って向かいました。

電車をおりたら、NY方面を背にして右側に出てください。そうすると目の前に白い建物がありますので、そちらに進むとWhite St.に出ます。そのまま坂を登りすすむとMain St.に合流しますので、そのまま直進すると、もうその界隈にはアンティークショップなどがお店が並んでいて、ブロードウェイにぶつかります。方向音痴のワタシでも問題がないほど小さな街で、ゆったりと過ごすことが出来ました。英語ですが紅茶屋さんまでの道案内はこちら:http://www.silvertipstea.com/fusionecommerce/browse/LocationHours/

そうそう、駅の反対側ハドソンリバーのほうにはボートハウスもあって、なかなかの眺めでした。
たしかwikiでもTarrytown情報があったと思います。私は期間があわなかったのですが、夏の期間はたしかどこかの財閥のお屋敷だったところが一般公開されていたと記憶しています。出発まえの情報収集はワクワク楽しいですよね。

どうぞ楽しい旅を!NYはいつでも最高です。

投稿: バビオ | 2009/07/10 23:34

バビオさん

ありがとうございます。
これだけ情報があれば、本能でたどりつけると思います。
NYが大好きで一度は留学まで考えましたが、目先の仕事に追われて、断念しました。
NYはほぼ毎年旅行していて、なにか新鮮なところはないかと探していました。
今回はTarrytownをメインにリフレッシュしてこようと思います。
ありがとうございました!

投稿: AKIYAMA | 2009/07/11 19:52

sunAKIYAMAさん

よかった。少しでもお役にたてたようで。

分かります。私も本能で動くタイプだから(笑)

NYっていったいなんなのでしょうね?一度踏み込んだら戻らずにはいられなくなる、この魅力(笑)

最低でも年に一度は飛んでいたNYですが、新しい分野にすすむ準備のためしばらく封印するワタシです。う~我慢できるか?ちょっとドキドキだけど。NY情報に飢えそうなヨカン・・・・

NYによろしくお伝えください(笑)


投稿: バビオ | 2009/07/11 23:45

バビオさん。ちょっと雑談です。
私も人生の節目、節目でNYに行ってました。
私は保険会社のOLからデザイナー(グラフィック)に転職したのですが、その時はじめてのNY旅行で「デザイナーとしてがんばろう!」と心に誓いました。私の場合はバッテリーパークで自由の女神を眺めながら、、。

色々な国を旅行しましたが、NYだけは何かちがう。
エネルギーを充電できるんですよね。
それにいつ滞在しても自分の居場所がある感じがして。

10年くらい前にブルックリン橋にライトがつく瞬間をみたくて、ピア17のバーカウンターにいすわったことがあります。NYの夜景はどこからみても美しい。
バビオさんの写真集から、ほんとにNYが好きなんだって伝わってきました。
これからも素敵な写真をとってくださいね。

そして、新しい道に進まれるとのこと、がんばってください。NYと一緒に応援してますよ〜。


投稿: AKIYAMA | 2009/07/12 02:34

sunAKIYAMAさん

写真集見てくださったんですね。ありがとうございます。

数回友人と訪ねたNYを経て、初めて一人で向かったNY。そして快晴の抜けるような青空のもとブルックリンブリッジを歩いた時味わった開放感は今でも忘れることができません。ワタシはワタシでいることが最高なんだ、このままでいいのだと。

人生スムーズなときよりも、何か課題をもっているときのほうがNYがココロに沁みるカンジがします。どこかに必ず答えを準備しておいてくれる、そんな気がしてなりません。ことしのGWはまさにそれでした。悩みがふっきれ明確に前すすむことけの決心をさせてもらいました。

東京だとガチガチに硬くなっているココロが、NYにいると開放されます。ウォールSTでの高額所得者、電車の中で物乞いしているひと。いろんな人がそれぞれの人生を生きている。生き方はひつつじゃない。そんな風に自分を許すことができます。そして、探せば、求めれば、自分の居場所がちゃんとあるんですよね。

そんなNYの魔法に出会えた私たちは幸せですね。

応援ありがとうございます。ホントに嬉しかった。がんばります。まだまだ夢の途中ですが・・・


投稿: バビオ | 2009/07/12 13:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メトロノースに乗る | トップページ | 街散策  »