« ホームパーティ | トップページ | 鎌倉夕陽のルール? »

2009/09/13

早起きサンデー  

日曜日だっていうのに結構早起き。朝9時50分に西新宿の某所へ到着。
っていうのは旅行会社主催のプロカメラマンによる旅写真の撮り方トークショーに参加するため。今日のスピーカーは吉村和敏さん。(夕方と夜の合間、一瞬のはかない時間ブルーモーメントの写真や、プリンスエドワード島の写真で有名な写真家)

アオイジカンにこだわるワタシとしては、やはり気になる写真家。昨年、日比谷エントランスで写真を批評してもらえるという一日講習に年参加して、NYのアオイジカンの写真数枚を見ていただいた。プロに見てもらう初体験。ドキドキしながら提出した、ドシロウトの写真に真剣にコメントをくださって、この人って本当に写真が好きなんだなって事が伝わってきて、写真っていいなぁ、楽しいなぁって再認識。そして持参した写真集にも快くサインをくださったり、吉村さんの飾らない素朴なお人柄のファンになってしまった。


さて今日の題は、「海外テーマ旅行博」吉村和敏さんが教える海外旅行の写真術。旅行会社の開催なので、どんな話になるのかなとおもいつつ、トークショーに慣れている吉村さんだから、期待は裏切られないんじゃないかなって事で参加した次第。(旅行会社もいろんな企画考えるものです。”写真大好き”と銘打った写真撮影ツアーの数々や、これからデジカメを始める方むけの写真教室やら、新顧客開拓に向けて、この秋は写真に絡んだ企画品がたくさんあるようすで入り口にパンフレットが並んでました。)

くふふっ、やっぱり参加してよかった。薀蓄じゃなくて、出会いと閃きを大切にする吉村ワールドの話はストンと落ちてきます。そして写真教室では語られないであろう、極普通のコンデジや写真初心者が、どうしたらいい写真(作品になるような)が撮れるのかを彼の作品を交えて紹介してくれました。

まず目標を立てる。(旅の間にベスショットを1枚撮るなど)
そして初日に広角で街を撮ってみる。
そこからテーマを見つけて今度は望遠で寄ってみる。


漠然と何処を撮っても美しいヨーロッパの街並みから、自転車に着目して作品として仕上がっていったオランダのデルフトでの写真に思わず笑みがこぼれてしまったワタシ。だって、昨日のホームパーティでオランダ散々話題にのぼり、デルフトに行きたいな~とか、デルフトで自転車に惹かれそうになったトモの体験やら、とにかく、ドイツや北欧やら話していた場所の写真が、ひゃ~~ってほどの確率で登場したんですもん。吉村さん私たちのガールズトーク何処かで聞いてました?(笑)


先日旅の途中日本に帰国前に立ち寄ったというNYでのショットも紹介されました。
ワタシもよく撮るDUMBOでのおなじみのショットが登場しましたが、やはりプロの撮った写真は光の具合が違います。ワタシの腕ではボケてしまいがちな水辺に映る対岸の灯りがきれいでビックリでした。
そして面白かったのがエンパイアからの一枚。LowerManhattan方面のビル群と空を写したありきたりな一枚が、ビル群だけに寄って、まさに都会といった風なクールな一枚に仕上がりに。寄って撮ることの極意はコレだ!なるほどのトリミング!今度NYへ戻ったときには寄って撮るをガンガンやってみたいです。NYへ戻る日が待ち遠しいな。


最後は質問コーナー。そうそうこうワタシもいうこと知りたかったというような質問が続き、的を得た吉村さんの回答は物凄く勉強になりました。そうなのよ、写真の撮り方ノウハウ本にないこういうことを知りたかったのです。他にも聞きたいことあったけど残念ながら時間切れでお開き。でも、ど~しても聞きたいことがあったので前へでてみることに。ラッキー!機材を片付けている吉村さんが振り向いてくれました。


朝夕のグラデーションのきれいな撮り方について伺いたいです。これは絶対にフィルムとおっしゃいましたが、コンデジ・デジイチしか持ってない場合、どうやったらキレイにとることが出来ますか?と聞いてみました。
何十何百人という人たちの写真を見たりしているであろうはずの人なのに、ワタシのNYのアオイジカンへのこだわりを覚えていてくださいました。今日は写真持ってきた?と声をかけてくれて、ハイと取り出したManhattanBlue一冊。(ははっ・・・持参してたわたしは確信犯か!?(笑))

ウィホーケンでとった朝焼けのシーンのページで、大丈夫グラデーション表現できていますと太鼓判をいただき、そして講習に持参した写真のページでは、あっこの作品は以前見せていただきましたねと、はっきり。も~ビックリです。さすがプロの記憶力!今まで撮りためたアオイジカンを全部盛り込みたいと欲張ったこともバレバレで、次回の参考になるコメントもいただけちゃいました。ラッキ~♪

そして一番嬉しかったのは、夕焼けを背景に遠くにシルエットで写る自由の女神の一枚と、夏の夕暮れのモワ~ンとした空気のなかでぼんやりとやはり遠くに写る自由の女神の一枚がとても良い組写真。この調子で頑張ってねと、暖かい声をいただきました。

朝眠かったけど、参加してよかったぁ。やるき復活です。最近忙しさを理由にカメラから遠ざかってました。イカン!
日々ポケットにコンデジ復活しなくちゃ。っていうか新しいコンデジ買わなくちゃなぁ。そろそろワタシのコンデジは使い倒して限界のようです(汗)


Dsc_1276


LOVEの向こうにイイカンジのカップル登場を狙ってみましたが、なかなか現われず・・・
写真はタイミングなんですね~としみじみ(笑)


|

« ホームパーティ | トップページ | 鎌倉夕陽のルール? »

コメント

わー本当に羨ましい講義に参加されましたね。旅の時の写真の
撮り方とか大事!!
本に載ってない事を教えてくれる、そしてプロの方の写真を
見られる、自分の写真を見て頂けるのって本当に貴重な経験ですよね。

私もどこかの旅行会社でそんな講義のパンフを見た事があったような
名古屋でも開催するのかな???

旅行会社の企画に「カメラ」に焦点を絞ったツアーがある事は
知りませんでした。同じ目的で行くだろうそのツアーはきっと
仲間も増えるでしょうね???
名古屋でそんな旅行会社の企画あるのかな?最近旅行会社を
回りましたが見なかったような、、、、。

何でも遅れてるなナゴヤ(涙)

投稿: ケイティ | 2009/09/14 00:28

cameraケイティさん

あっ! こういう写真好きだなぁって思える写真家の講義って本当に面白いっていうか、学びがたくさんあって、即実行しにNYへ飛びたくなってしまいました(笑)

最近ホント一眼もつ女子増えましたよね。それに加えて中高年の人も。そんなブームに乗った旅行業界といったところでしょうか。一つや二つじゃない、物凄い数のツアーが載ってました。これから紅葉シーズンだし。各ツアーともプロカメラマン同行してのレクチャーつき撮影旅行ってカンジで。女子限定、中級・上級向けで自由行動が多いツアー、花撮影のエキスパートに学ぶとか、来年の干支トラを撮ろうとか。もちろん海外版も(笑)

たしかに普通のツアーじゃ写真撮影なんてじっくり出来ないでしょうから、需要あるかもですね。普段個人では行けそうもない場所にも案内してもらえそうだし。
がっ・・・みんなの写真教室での撮影会日帰り旅行の話を思い出すと、う~んわたしはツアーって無理かもです(笑)撮りバカ隊のみんなが参加なら楽しそうだけどscissors


投稿: バビオ | 2009/09/14 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホームパーティ | トップページ | 鎌倉夕陽のルール? »