« 極寒撮影 | トップページ | 素敵な週末(1) »

2010/02/14

3泊4日は短くて


帰国から1ヶ月も過ぎちゃいましたっ!(汗)でも、香港熱いまだ冷めず。旅の記憶書き上げちゃおっと。


楽しい時間はあっという間に過ぎてゆく。
帰国を翌日に控えた実質最終日はトコトン楽しまなくちゃ。


まずは広東ロードへ。糖朝を目指します。ひゃ~、すご~~~くきれいに改装されててびっくり!でも列に並ぶ気力も無く、その近所でお粥をいただきました。ローカル色あふれるこの店内、アレ?来たことあるかも。記憶をたどってみる。そーだ!出張中に中国本土出張組みと香港合流してビクトリアピークに向かいその帰りに寄った店だっ。昨日の美味しすぎるお粥のあとでは、かなうわけもなく、まぁこんなもんかなの朝粥でした(笑)粥イマイチでも買い物は順調。革製品のお店でかわいいカメラケースとストラップをGET。おそろいでキーホルダーと小銭入れも。ついでに財布と名刺入れも買ってしまった!小物買いってやたら楽しいよね。


九龍でも香港島でも来るたびにあたらしい発見があって飽きることを知らないなあぁ。まさに香港ING。今回おおっ!と思ったのは北京道1号からハバーへ向かったあたりにあるThe former Marine Police Headquarters界隈。歴史的建物を中心にお洒落に整えられていて、まるでシンガポールのラッフルズホテルの中庭かってカンジ。お散歩堪能してしまいました。おしゃれなカフェ、グリルもあって、次回はここでゆっくりお食事をするぞ!そうそう、ここでも新郎新婦の撮影会が行われてました。この3日間でいったい何組の撮影会に遭遇したんだろ?


ここで午前の部終了。ホテルにもどってしばし休憩。さて?仕残しはないか?そーだまだ海老ワンタンを食べていない!ってことで毎度お馴染みのワンタン麺屋を目指します。Tsim Chai Kee Noodle(G/F, 98 Wellington St., Central, Hong Kong)一杯たったの16ドル。小腹も満ちて香港ローカル散策モードにスイッチオン!ワンチャイへ向かいました。お目当ては檀島珈啡餅店とThe PAWN界隈の散策。


まずは珈啡餅店。濃厚ないかにも香港といったミルクティーをいただき(紅茶カップがこれまた渋い!)ついでに卵サンドをオーダー、温かいパンと昔懐かしい味に癒されました。そうそう、この生活感が溢れたローカルな雰囲気!これがまさに香港!次回はもうすこしゆっくりと散策してみたいデス。でもこれは一人旅の時限定かな。母には少しキョーレツすぎたみたい。

Rimg0486


小腹が満ちたあとはトラムの走る荘士敦道をプラプラお散歩。お目当てのThe PAWNにすぐに行き着きました。古い建物(以前は質屋さんだったらしい)が改装されてお洒落な英国料理が楽しめるお店、まさにモダンレトロ。トラムのカーブと建物のカーブが調和していて絵になります。

そして、パッテン総督がこよなく愛したという泰昌餅店のエッグタルトをパクリ。トラムを長めながらの立ち食いも乙なもんです(笑)一時日本で流行ったものより爽やかな味で、サクっと美味しくいただきましたが、帰国後に事実を知ることに!

それは残念ながら当時の味ではなかったようです。頑固に手作りにこだわった当時の味はもう再現されることはないんだそうです。本家は2005年に幕を閉じその時に熟練職人も去り、いまの泰昌餅店は大手飲食グループの経営によるもので、数値化されたレシピで製造機で製造されているそうです。香港でも時代の流れで伝統の手作りの味が消えていっているんですね。


帰路はトラムに挑戦。これが初乗車。お目当ての2階先頭の席をGET。この眺めはまるで電車でGO(笑)高い窓から見下ろす街がとっても新鮮です。高層ビル街が見えてきたところで下車。ラッキーまさにセントラルで無事下車できました。

そんなこんなでもう夕刻。とりあえずモンコックに移動してセフォラの口紅を物色して糖朝へ向かい(あっ!結局振り出しに戻るだっ(笑))軽めの夕食をいただきました。

そしてホテルへ戻り夜景の素敵なバーでくつろぎながら香港の最終日は更けていったのでした。また香港に来ようね、それで母と話が盛り上ったのは言うまでもありません(笑)

あ~楽しかったなぁ。


Dsc_0075

|

« 極寒撮影 | トップページ | 素敵な週末(1) »

コメント

革製品のお店の「かわいいカメラケース・ストラップ・キーホルダー・小銭入れ・財布・名刺入れ」ご購入とのこと・・・見たい、是非、見たいです、現物!
(ずっと名刺入れは探してましたよね)
う~ん、大人買い、あっぱれ、潔いです(笑)

トラムは実は私乗ったことないんです。
スターフェリーは2回とも乗ってるのに・・・
トラム、私の記憶と違ってるような、小ぎれいになってる気が・・・街全体がもしかして、そうなっているのかな~。

投稿: Hiromi | 2010/02/14 23:07

presentHiromiさん
名古屋で購入したバックとまるでお揃いみたいなオレンジです(笑)シンプルなデザインの革メッシュです。
小物統一するとオサレー感ありますね。イヒヒにお気に入りです。先日銀座和光で同タイプの名刺入れがありましたがお値段3倍以上!ビバ香港! 
江戸へのアウェイ計画はないんでしょうか?ワタシ今年のGWは日本残留なんで時間たっぷり。カメラケースその他一式持参でどこでもお付き合いしますよ~(笑)

ワタシもトラム初体験でした。全面キティちゃんだったりいろんな広告あってみているだけでも楽しいトラム。次回はぶらりトラムの旅するつもりです。っていつ行くんだろ?(笑)

投稿: バビオ | 2010/02/15 22:40

いいですね檀島珈啡餅店。私は香港に行くと毎回行ってます。
H&Mの近くなので行きやすい。

これぞ香港!!って感じなんです。韓国にもない、大陸中国にもない
独特な雰囲気。
珈琲よりミルクティーを飲む人の多い文化。イギリスを思い出します。

香港は洋風な建物や文化も残っているし、アジアの文化や建物も
残っているし本当に不思議だし奥が深い街ですよね、、、。
12年ぶりくらいに行った香港にNYを感じてしまって以来アジアのNY
という事で去年は仕事も含め5回以上は行った香港ですがまだまだ
奥が深いですね

投稿: ケイティ | 2010/02/15 23:26

breadケイティさん
香港とNYの共通点はミックスカルチャー!上手い具合に混沌としてるこの街にどっぷりです。このミルクティーもまさに、ですよね。
そして歴史的背景を学んで向かったらもっと味わい深いんでしょうね~。時間をかけてなんども通いたい街ですね。

檀島珈啡餅店の軽食メニューいつか全制覇したいな~(笑)中華からパン類、スナック類まで豊富だし、一人ゴハンにはもってこいってカンジ。そうそう、知ってました?日本語のメニューがあるって。ローカルの味をもっと楽しむには漢字のカンでオーダーしなくてすむ英語・日本語メニュー店が増えたらうれしいんだけどなぁ。ってそんなこと言っているまに食べ物単語だけでも広東語覚えろってカンジですかね(笑)

投稿: バビオ | 2010/02/16 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 極寒撮影 | トップページ | 素敵な週末(1) »