« こころのゆとり | トップページ | 前へ前へ »

2010/04/06

おっと、その一言!

口は災いの元とはよく言ったもので。
誰かを攻撃するつもりもなく、ふっと口走ったその一言が誰かを撃沈しちゃっているかも。お互いに気をつけましょね~。

都内某ショップで日曜日午後の出来事。
以前購入したジーンズ。当初は折ってはくつもりで丈つめしませんでした。でもやっぱり直そうかなと持参。いつもの店員さんに購入後のお直し対応できますか?と確認。大丈夫ですよと快諾で、店員さんが私のジーンズを持ってくれて、彼女の後についてお直し伝票を書きに行くとき、その事件はおきました。

何それー!
そのデカイジーンズ!

と、店内に響き渡るようなデカイ声。

間違えなく、今まさにお直しを依頼している、私のジーンズを見て叫んだ人が居たわけで。

えっ?
一瞬耳を疑いました。

そりゃ~間違っても私は痩せてる部類に入らないし、
はっきり言って太ってますよ私。
でも、医者の指導が入るほど病的肥満なわけでもなく・・・・
関取サイズな服でもなく・・・・
そんな風に叫ばれる理由ないんですけど。

はっ?

私のジーンズですが、それが何か?(どっかで聞いたような台詞だなぁ)


青い顔になったのは店員さん。
ごめんなさい。あの方の接客をしていたので、勘違いされたと思うの。私がこちらではなく、向こうのカウンターにご案内すれば、こんな不快なおもいをさせなかったのに。本当にごめんなさい。

よくよく相手を見ると、限りなく5号に近い7号の服(最近は36号とか、38号とかフランスの服みたいな表示の服増えましたけどね)、店内で一番の極小サイズを探していそうな、チンやチワワのような、そんな風貌の女性でした。でもね、歳のころは、十分すぎるほど分別がつきそうなお年頃なんですけど。そんな人が発した言葉でした。
小さいものが可愛い神話の日本で、自分はいつも守られるべきものとして長年生きてきたんだろうなぁ。言葉の棘で人を刺していることにも気づかずに。

意図的に発せられた言葉でないにしても、当然不愉快。
でも、恐縮している店員さんの顔をみたら、もうそれ以上いう気にもなれず。


家から一歩でたらそこは社会、TPOをわきまえて発言しなくちゃと実感。
後からあんなこと言わなきゃよかった、と反省しても時は戻らず、自己嫌悪な夜をたまに迎える私。
もし自分がそんな暴言吐いたほうだったら・・・・・心臓凍ってしまいそう。
そう思ったら、この件は言われたほうでまだましだったかも。


口は災いの元。気をつけましょうね~♪


Photo

でもワタシは花より団子かな?(笑)




|

« こころのゆとり | トップページ | 前へ前へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こころのゆとり | トップページ | 前へ前へ »