Diary

2010/05/25

5年後の自分

社会人(長~~~くOL生活してるけど)になって初めて”5年後の自分はこうありたい”と、明確な目標がもてた気がします。

目標さえ見えたら、もうあとは動くだけ!そうなってくるとしめたもので、閉塞感で窒息してしまいそうなオフィスも、学びの資金を稼ぐありがたい場所と思えてくるから不思議です(笑)まっ、生身の人間なんで、ときには凹んだり、ウツウツになったりしますケド。


今日は友人の写真展初日。最近すっかり足が遠のいている写真ワールドを楽しみにさっそく向かってみました、良い気分転換になるに違いない。


いや~本気で学んだ人はすごい!いやはやその上達ぶりは感動もんでした。昨年のグループ展とは比較(もちろんそれも素敵な作品でしたが)にならないほど腕を上げたなぁ、っていうか、写真がホントに好きなんだなが伝わって、良い写真でした。始めたきっかけは、私があんまりにも楽しそうに写真を撮っていたから・・・・な~んて言ってくれる彼女ですが、取り組みはじめて2年であそこまでゆけるのか、本気にで好きに向かってゆけば必ず結果はついてくるんだと実感。良い刺激をいただきました。


その帰り、軽くディナーしよっか、な~んていいながら、ドッカ~ンと”かつ”を食してしまいました(汗)時には”勝つ”で験担ぎもアリだよね・・・(笑)


熱々ジューシーな揚げたてをいただきながら、好きなこと、したいことがあって、目標持ってる私たちは幸せモンだね~、5年後は、なんらかの形になって、きっとそのフィールドで輝いているよ!長すぎもせず、近かすぎもせず、中期目標で5年っていいかんじじゃない!な~んてかなりいい気分(二人とも下戸なんですけど)。


そして、素敵な話を聞きました。実現したいことがあったら口に出して動け!これホント利くって実例。
今回の写真展のお仲間の一人は、チャンスさえあればプロに作品をみてもらったり、どこかへ投稿したり、作品を多くの方にみていただくよう努めているんだとか。その甲斐あって、写真集の一枚に選ばれたり、人伝で美術館館長へ作品が紹介されたり、そして、まだ無償でのお仕事だけど、某観光地のちょっと有名な某ホテルのオフィシャルカメラマンに選ばれて、腕に”プレス”の腕章をつけ、おもいっきり撮影をして、そしてまもなくホテルで写真展が行われるんだとか。なんて素敵なんでしょ。

終わりよければすべてよし。仕事帰りに向かった写真展で会社でのウツウツは完全に払拭、そして、素敵な話でモチベーシンUP!あ~今日もいい一日だったなぁ。


5


今日の写真は5年前、2005年NYのお宿での一枚。
当時の私は、リコー”GX-8”というカメラを手にして、へ~~~設定かえるといろんな写真が撮れるんだぁ・・・と、撮影の楽しさを知った写真元年でした。つい昨日のことのようなのに。


| | コメント (0)

2010/05/23

前へ前へ

いやぁ、時間の流れの早いこと!2ヶ月もブログ放置しちゃいました(汗)

庭の春の花、あたらしい風に吹かれた4月、食べ歩き、都内残留したGW、いろいろネタはあったんですけど、ブログ更新忘れちゃうほど、今、夢中で取り組んで(学んで)いることがあります。年内はこんな調子で超スロ~~な更新になりがちかと思いますが、どうか気長にお付き合いくださいませ(笑)

何をしているかって?そのうちゆっくりと報告したいと思いますが、今まで身の回りに起きたいろいろなこと、楽しいこと、つらいこと、全部含めて、この道に進むべくおきたことなんだなぁと感じています。そしてライフワークとして取り組んでゆきたいなとも思っています。

思ったときがそのとき、まさに今、私の学びのプライムタイムのようです(笑)

6


写真はなつかしいManhattanでの一枚。POBT前でりんごをパチリ♪
一眼買ったばかりでウキウキだった3年前の写真です。

| | コメント (0)

2010/04/06

おっと、その一言!

口は災いの元とはよく言ったもので。
誰かを攻撃するつもりもなく、ふっと口走ったその一言が誰かを撃沈しちゃっているかも。お互いに気をつけましょね~。

都内某ショップで日曜日午後の出来事。
以前購入したジーンズ。当初は折ってはくつもりで丈つめしませんでした。でもやっぱり直そうかなと持参。いつもの店員さんに購入後のお直し対応できますか?と確認。大丈夫ですよと快諾で、店員さんが私のジーンズを持ってくれて、彼女の後についてお直し伝票を書きに行くとき、その事件はおきました。

何それー!
そのデカイジーンズ!

と、店内に響き渡るようなデカイ声。

間違えなく、今まさにお直しを依頼している、私のジーンズを見て叫んだ人が居たわけで。

えっ?
一瞬耳を疑いました。

そりゃ~間違っても私は痩せてる部類に入らないし、
はっきり言って太ってますよ私。
でも、医者の指導が入るほど病的肥満なわけでもなく・・・・
関取サイズな服でもなく・・・・
そんな風に叫ばれる理由ないんですけど。

はっ?

私のジーンズですが、それが何か?(どっかで聞いたような台詞だなぁ)


青い顔になったのは店員さん。
ごめんなさい。あの方の接客をしていたので、勘違いされたと思うの。私がこちらではなく、向こうのカウンターにご案内すれば、こんな不快なおもいをさせなかったのに。本当にごめんなさい。

よくよく相手を見ると、限りなく5号に近い7号の服(最近は36号とか、38号とかフランスの服みたいな表示の服増えましたけどね)、店内で一番の極小サイズを探していそうな、チンやチワワのような、そんな風貌の女性でした。でもね、歳のころは、十分すぎるほど分別がつきそうなお年頃なんですけど。そんな人が発した言葉でした。
小さいものが可愛い神話の日本で、自分はいつも守られるべきものとして長年生きてきたんだろうなぁ。言葉の棘で人を刺していることにも気づかずに。

意図的に発せられた言葉でないにしても、当然不愉快。
でも、恐縮している店員さんの顔をみたら、もうそれ以上いう気にもなれず。


家から一歩でたらそこは社会、TPOをわきまえて発言しなくちゃと実感。
後からあんなこと言わなきゃよかった、と反省しても時は戻らず、自己嫌悪な夜をたまに迎える私。
もし自分がそんな暴言吐いたほうだったら・・・・・心臓凍ってしまいそう。
そう思ったら、この件は言われたほうでまだましだったかも。


口は災いの元。気をつけましょうね~♪


Photo

でもワタシは花より団子かな?(笑)




| | コメント (0)

2010/04/04

こころのゆとり


都内さくら開花宣言から1週間花冷えが続き、そして満開宣言日には強風(電車運行にも影響もでました)、そして週末はやっぱり寒い!今年のお花見散歩はタイミングが難しい~!


桜といえば上野公園、そしてその界隈に旧岩崎邸庭園があります。お花見シーズンの人ごみを避け、まだ数えるほどしか咲いていないときに上野散歩がてらに行ってきました。って2週間も前のことをいまさら書いています・・・(汗)

ボランティアの方によるガイドツアーに参加。やはり説明を聞きながらの見学は楽しいですね。へ~、ほぉ~がいっぱい。字面を読むより理解が早い(笑) 竜馬伝ヒットの影響でしょうか、かなりの人手でびっくり!

建築的知識はありませんが、洋館や古民家見物が大好き。なんかいいです。一歩足を踏み入れると当時にタイムスリップしたように空気感が違って、ゆったりと時を過ごせるようで。

この洋館が建ったのは弥太郎没約10年後なので、この館を見ることはなかったのですが、亡くなったのはこの地なんだそうです。洋館につながる和館のその先に弥太郎が暮らした屋敷が、昭和の高度経済成長期まで実存していましたが、当時の“新しいものを!”の風潮で取り壊されてしまったのだとか・・・ちょっぴり残念ですが、それでも、関東大震災、東京大空襲の難を逃れて、平成の今も当時の姿を残す建築物内部が公開されているってすごいなぁと思います。(屋敷の細部はこちら) 

お屋敷っていうのは富めるものの象徴の一つでもありますが、お金だけじゃないんですね、富めるものの努め、当然の行為として社会貢献もする姿勢が当時はあったそうで、今の拝金主義とは違うなぁと感じずにはいられません。(まあ、江戸末期から明治への流動のわずか20年ほどの間に築いた富の礎には、綺麗ごとだけではないものもあったのでしょうが・・・・)


大正の震災のときには庭園を開放して、多くの方が難をここで逃れたそうですし、また、昭和の大空襲のときには清澄庭園を開放し、そこでもまた多くの命がまもられたのだとか。
昔の日本にあって、今の日本が失ってしまったものは、“人としてのゆとり”なのかもしれません。たとえば江戸しぐさに見られるような、人と潤滑にやってゆく知恵だったり、人を思いやる心だったり。

洋館見学をしながら、そんな事を感じた春の一日でした。


現在はビルに囲まれて絶景の陰もありませんが、それでも洋館2階のベランダから眺める一面の芝の庭園は心地よいものです。そして、今は珍しい日本タンポポもこの庭園に群生するのだそうです。

またそのうちにこの界隈のお散歩にゆっくり行きたいなって思います。竜馬伝ブームが去るのをまってからかなぁ。

Photo


写真は門から洋館への道で群生していたお花。いやぁ、最近のコンデジってすごい!
ちゃんと後ろボケ写真が撮れちゃうんですもん。ちょっと前までは一眼じゃないとムリだったんだけどなぁ。


| | コメント (2)

2010/03/22

理想のバスローブ


み~つけた!理想のバスローブ。 


お風呂上りに欠かせないものはバスローブ。
でもタオル生地でのホテル仕様はワタシ的にはNG。
洗濯が大変です。乾かすのた~いへんだし、なんたって重くて。

T-シャツ地(コットンジャージー)はシャキッと感がなくてNG。

化繊布のモコモコ仕様は問題外。

コレ!っていうバスローブが見つからないまま、遠い昔に買ったL.L.Beanの
コットン100%のフランネルのローブをボロボロになっても愛用してました。
大すきなブラックウォッチだったけど、もうチェックの色落ちも限界。ほとんどグレー・・・・
いい加減に次をみつけないと。 


そう思った矢先、友人との待ち合わせ時間調整に立ち寄った恵比寿三越で発見。
フラ~とまるで引き寄せられたのごとくに(笑)

見た目はふきん布のようなんですけどね。
ちょっと北欧チックなデザインに惹かれました。

四国、今治のタオル屋さんの出展品でした。デザイナーさんとのコラボ商品だそうです。

こだわった原材料で、紡績にもこだわっての目指せコットンでシルクの肌触りだそうで、
そんな布でつくられた製品群に見せられました。

布の厚み、シャキッと感、デザイン、サイズ、う~~~ん、これ、こういうバスローブがほしかったの。
裁縫もいいです。内側はすべて袋縫い。肌ストレスフリーに違いない。

一目ぼれで即買い!

お風呂上りにちょっと着るだけの一枚に12,600円ってちょっと高いかも?
いいや、その数分が快適で一日の終わりを優しく包んでくれるなら、
そして何年も愛用できるなら、お得な一枚に間違えありません。

接客してくれた、今治のそのタオル屋さんから来られていた方から
製品に対するこだわりを聞いて納得のお買い物でした。


もちろん着心地は予想どおり快適。

う~~ん、今治タオルさん、その製品の良さがHPで伝えきれてないのが惜しい!デス(笑)

Rimg0053


| | コメント (3)

2010/03/15

ご無沙汰でっす。

更新サボってました。

会社的には業績不振とか言っている割には、仕事に追われる日々。それも苦手分野担当(おまけに出口みえず)していて気持ち的に非常に疲れてマス。帰宅してまでパソコン画面見る気にもならなかったっていうのが理由かもしれません。

それでも、できるだけ外にでて、自分時間を楽しむよう努めてます。もちろん体力的な疲れには休息・睡眠が必要だけど。頭重いからどうしようかな?って思っていても、一歩踏み出すと、アラ不思議。頭がクリアになって、どんどん活力が沸いてきます。たとえそれが会社-自宅ルートをちょっとだけ外れた寄り道でもあっても。う~ん、いかに社内が閉塞感に包まれているか、ある意味その証明でもありますが(苦笑)

トモと食事を楽しんだり、週末近郊のプチ旅行、そして温泉!たとえ長期休暇が無理でもちいさな楽しみは無限大。狭いようで広い日本。関東、いえ、都内でもまだまだ知らない場所がたくさんあります。もうすぐ暖かい季節。カメラ散歩の季節でもあります。

とにかくワタシは元気です♪


Photo


江戸出張の友人と大人のパフェへ。平日、それも月曜だったので店内貸切り状態でした。あ~くつろいだ(笑)

| | コメント (2)

2010/02/20

素敵な週末(2)

極寒&曇天だったこの2週間が嘘のように快晴に恵まれた土曜日、久しぶりに三崎へでかけてお魚三昧!

その前に三浦海岸下車。ここ河津桜が楽しめるんです。満開のタイミングで超ラッキー♪本場河津には数ではかなわないけれど、ここもなかなかのもの。桜の下には菜の花が咲き乱れ(お気に入りの理由ダントツは河津ほど混雑していないっていうことなんですけど(笑))そして近隣の名産物の露天が並んでNYのグリーンマーケットのよう。キャベツ、大根、桜海老、若布、天然酵母パン、あれもこれも買いたいけれど車で来ないと無理ってもんです。
後ろ髪引かれながら会場をあとにバスで三崎へ向かいます。途中海の向こうに房総半島が見えました。あ~快晴って気持ちいい!


1

三崎で目指すは”まるいち”。なんども日記に登場してるんでおなじみですね(笑)今日はどんな魚があるんだろ?ワクワクしながら路地を進むと活気ある声が響いてきます。相変わらず元気なお店です。
こんにちわ~!毎度~!顔なじみの店っていいですね。本日のオススメはカワハギ。肝がたっぷりだそうです。そしてダツ(見た目深海魚ってカンジでかなり不気味。しかし刺身でいただくと淡雪のようにホワンとした食感だし、焼きでいただきくと脂がのっていてこれまた旨い!)もチョイス。あわせてお刺身の盛り合わせも(笑)
テーブルはお魚三昧で超豪華!でも会計は都内でいただくよりお安いです。 


お腹も満ちて、さあ本日のメインイベント!夕日の見えるカフェへ向かいます。ってみんなはお魚ランチがメインでしたが、夕焼けフェチの私としてはやっぱりこっち!(笑)三崎駅から小道に入るとそこは一面180度の視界でキャベツ&大根畑!まるで北海道にいるみたい。日本ってすごいなぁ。東京からたったの1時間でこんな非日常の世界が広がってる!まだまだ知らない近隣を散策しなくては!畑を超え延々歩くこと20分、カフェに到着。


2


ひゃ~~~~ウッドデッキの正面に広がる海!絶景です。お茶とケーキをオーダーして夕日時間を待ちます。コーヒーの香りは薄いし、ケーキはたぶん冷凍もの。それでもお店の方は親切だし、眺めいいし、十分に来る価値ありです。入り口に素敵な夕景の写真が一枚。お客さんが撮られた1枚だそうです。夕日時間に期待高まります。


そして西に太陽が傾いて空がオレンジ色に染まりだし、大好きな時間がやってきました。光の魔法で映るものすべてが黄金に輝くこの時間は言葉を忘れて見入ってしまいます。一瞬一瞬のすべてを切り抜きたいほど(笑)

完全日没までまだまだ眺めていたかったけれど、駅への道のりは遠い・・・・
また近いうちにもどってくればいいよね。次回は一眼も一緒に。

うん。間違えなく素敵な週末♪ これで来週も元気に働けそうです。っていつまでもつかな?(笑)

3



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/19

素敵な週末(1)

オメデトウ高橋大輔!日本男子フィギュア初メダル!
銅メダルだったけど彼の”道”は情感豊かで最高でした。記憶に残るスケーティングをありがとう。いいニュースがあると気分快晴。週末に弾みがつくってもんです!


この興奮冷めやらぬまま青山へ向かいます。目指すはブルーノート東京ハンク・ジョーンズのThe Great Jazz Trio。香港からの帰り成田送迎ハイヤーに備えてあった雑誌で発見して、やっと伝説のJAZZピアニストにご対面の日がやってきました(笑)

Blue_note


御年91歳。なお現役で、しかも長時間フライトで海外公演だなんて、元気なお姿拝見するだけもご利益ありそうな存在です。友人の誕生日祝いも兼ねてワインで乾杯!(って下戸な私はブラッドオレンジジュースでしたが)食事をいただきながら彼の登場を待ちます。そして足取りもしっかりと舞台に上がり、演奏がはじまりました。暖かく周りを包むようなピアノ。この音色なんて表現すればいいんだろう。丸く尖がらず、とにかく心地よい。彼の奏でる音はまわりのすべてと調和している、そんな感じです。ドラムもベースも最高に素敵でした。



癒しのスウィング♪の次に目指すはデザート系(笑)Berry Parlour向かいます。
閉店後の1階ケーキ店舗脇にちょこっとかかっている案内板 ”大人のパーラー、お子様お断り。こちらエスカレーターから地下入り口へおこしください。” 心地よい余韻を街中の雑踏に消されたくない、そんな気分に最適なチョイスです。黒にさし色の赤が利いたシンプルな店内、各テーブルごとのスポット照明がプライベート空間を演出していてゆったりと過ごすことができました。パフェのお値段はホテル並みですが、その価値ありです。美しいフルーツにうっとり。

Photo


耳も胃袋も心地よさに包まれてフライデーナイトは更けていったのでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/14

3泊4日は短くて


帰国から1ヶ月も過ぎちゃいましたっ!(汗)でも、香港熱いまだ冷めず。旅の記憶書き上げちゃおっと。


楽しい時間はあっという間に過ぎてゆく。
帰国を翌日に控えた実質最終日はトコトン楽しまなくちゃ。


まずは広東ロードへ。糖朝を目指します。ひゃ~、すご~~~くきれいに改装されててびっくり!でも列に並ぶ気力も無く、その近所でお粥をいただきました。ローカル色あふれるこの店内、アレ?来たことあるかも。記憶をたどってみる。そーだ!出張中に中国本土出張組みと香港合流してビクトリアピークに向かいその帰りに寄った店だっ。昨日の美味しすぎるお粥のあとでは、かなうわけもなく、まぁこんなもんかなの朝粥でした(笑)粥イマイチでも買い物は順調。革製品のお店でかわいいカメラケースとストラップをGET。おそろいでキーホルダーと小銭入れも。ついでに財布と名刺入れも買ってしまった!小物買いってやたら楽しいよね。


九龍でも香港島でも来るたびにあたらしい発見があって飽きることを知らないなあぁ。まさに香港ING。今回おおっ!と思ったのは北京道1号からハバーへ向かったあたりにあるThe former Marine Police Headquarters界隈。歴史的建物を中心にお洒落に整えられていて、まるでシンガポールのラッフルズホテルの中庭かってカンジ。お散歩堪能してしまいました。おしゃれなカフェ、グリルもあって、次回はここでゆっくりお食事をするぞ!そうそう、ここでも新郎新婦の撮影会が行われてました。この3日間でいったい何組の撮影会に遭遇したんだろ?


ここで午前の部終了。ホテルにもどってしばし休憩。さて?仕残しはないか?そーだまだ海老ワンタンを食べていない!ってことで毎度お馴染みのワンタン麺屋を目指します。Tsim Chai Kee Noodle(G/F, 98 Wellington St., Central, Hong Kong)一杯たったの16ドル。小腹も満ちて香港ローカル散策モードにスイッチオン!ワンチャイへ向かいました。お目当ては檀島珈啡餅店とThe PAWN界隈の散策。


まずは珈啡餅店。濃厚ないかにも香港といったミルクティーをいただき(紅茶カップがこれまた渋い!)ついでに卵サンドをオーダー、温かいパンと昔懐かしい味に癒されました。そうそう、この生活感が溢れたローカルな雰囲気!これがまさに香港!次回はもうすこしゆっくりと散策してみたいデス。でもこれは一人旅の時限定かな。母には少しキョーレツすぎたみたい。

Rimg0486


小腹が満ちたあとはトラムの走る荘士敦道をプラプラお散歩。お目当てのThe PAWNにすぐに行き着きました。古い建物(以前は質屋さんだったらしい)が改装されてお洒落な英国料理が楽しめるお店、まさにモダンレトロ。トラムのカーブと建物のカーブが調和していて絵になります。

そして、パッテン総督がこよなく愛したという泰昌餅店のエッグタルトをパクリ。トラムを長めながらの立ち食いも乙なもんです(笑)一時日本で流行ったものより爽やかな味で、サクっと美味しくいただきましたが、帰国後に事実を知ることに!

それは残念ながら当時の味ではなかったようです。頑固に手作りにこだわった当時の味はもう再現されることはないんだそうです。本家は2005年に幕を閉じその時に熟練職人も去り、いまの泰昌餅店は大手飲食グループの経営によるもので、数値化されたレシピで製造機で製造されているそうです。香港でも時代の流れで伝統の手作りの味が消えていっているんですね。


帰路はトラムに挑戦。これが初乗車。お目当ての2階先頭の席をGET。この眺めはまるで電車でGO(笑)高い窓から見下ろす街がとっても新鮮です。高層ビル街が見えてきたところで下車。ラッキーまさにセントラルで無事下車できました。

そんなこんなでもう夕刻。とりあえずモンコックに移動してセフォラの口紅を物色して糖朝へ向かい(あっ!結局振り出しに戻るだっ(笑))軽めの夕食をいただきました。

そしてホテルへ戻り夜景の素敵なバーでくつろぎながら香港の最終日は更けていったのでした。また香港に来ようね、それで母と話が盛り上ったのは言うまでもありません(笑)

あ~楽しかったなぁ。


Dsc_0075

| | コメント (4)

2010/02/06

極寒撮影

たらたらと書いている香港日記。ふっと気がついたら1週間も更新せず(汗)
・・・・まっそのうち完結ってことで、今日は横浜ネタです。

寒い日でした。風強く、空気乾燥。クリアな夜景条件バッチリ。これは行かなくては。この冬これだけ条件がそろう週末は最後かも。2月も中旬に差し掛かると空気が春に変って、透明感が減ってきちゃいます。NY川っぷち撮影バージョンの服で完全防備で出かけます。(革ジャケットの上にダウンジャケット着用。これだと風が通らず大抵の寒さに耐えられます)うん。思ったとおり、今日は日中からビル群の谷間にしっかりと富士山を望むことが出来ました。


がっ、冗談抜きで寒かった。なんたってJR各線に遅れがでてたほどの強風、それに加えてこの冷えた気温。錘がわりにバックをつり提げてなんとか三脚(珍しく本日は持参)設置したけど、大桟橋は強風でたっているのがやっと。


あまりの寒さに意識も遠のくカンジ。ワタシいったい何してるんだろ?ん~~~~それでも止めないワタシはやっぱり撮りバカなんだなぁ(笑)

Mm21

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Blue Moment & Morning glow | Diary | Neighborhood | New York | Other | Photo | Prologue | Tokyo