Photo

2009/09/19

鎌倉夕陽のルール?

この前鎌倉へ向かったのはあじさいの季節。一通りの寺めぐりを終えた後、海に映る夕陽がキレイかも!って材木座海岸にむかったのはいいけれど、昼過ぎから厚くなった雲に覆われた空のもと写るのはまるでモノクロの世界。残念、諦めてバンゴハンにしますかって駅へ戻る途中ふっと西の空を見たらとてつもなくキレイな夕焼けが・・・。たとえ夕焼けに出会うことができなくても、夕刻はそれなりの写真がとれるんだから、とにかく日没まで待つべし。それがこのときの教訓。


さて今回の鎌倉。直前まで心配してた関東地方台風直撃は免れて、爽やかな気候で、薄くもり時々晴れという最高のお散歩日和。うん、これは夕方期待できるかも!夕陽の隠れ名所らしい和賀江島という場所に向かってみました。がっ、全開同様に昼過ぎから厚くなった雲で空は覆われ、そして空気は重たい。う~ん、期待できるのかなぁ?と、思いつつ、それでも夕刻までとにかく待ってみようと逗子マリーナに移動。台風の影響でとんでもなく大波。防波堤を越えてくる波しぶきを気にしながら何枚撮ってもほとんどモノクロ状態。う~~ん???

Dsc_1415


それでも待ってみる。あれ?江ノ島上空がなんとなく明るくなってきがするんだけどなぁ。まぼろし?いいや、そこだけ確かにほんのりピンク色に見えるよ。

あっ!夕陽。


Dsc_1446

そして、江ノ島の向こうに日が落ちて。


今年一番の夕焼けに出会った。


Dsc_1555


鎌倉夕陽観賞の黄金ルール。たとえ曇りでも夕刻までまってみるべし!(笑)


| | コメント (2)

2009/09/13

早起きサンデー  

日曜日だっていうのに結構早起き。朝9時50分に西新宿の某所へ到着。
っていうのは旅行会社主催のプロカメラマンによる旅写真の撮り方トークショーに参加するため。今日のスピーカーは吉村和敏さん。(夕方と夜の合間、一瞬のはかない時間ブルーモーメントの写真や、プリンスエドワード島の写真で有名な写真家)

アオイジカンにこだわるワタシとしては、やはり気になる写真家。昨年、日比谷エントランスで写真を批評してもらえるという一日講習に年参加して、NYのアオイジカンの写真数枚を見ていただいた。プロに見てもらう初体験。ドキドキしながら提出した、ドシロウトの写真に真剣にコメントをくださって、この人って本当に写真が好きなんだなって事が伝わってきて、写真っていいなぁ、楽しいなぁって再認識。そして持参した写真集にも快くサインをくださったり、吉村さんの飾らない素朴なお人柄のファンになってしまった。


さて今日の題は、「海外テーマ旅行博」吉村和敏さんが教える海外旅行の写真術。旅行会社の開催なので、どんな話になるのかなとおもいつつ、トークショーに慣れている吉村さんだから、期待は裏切られないんじゃないかなって事で参加した次第。(旅行会社もいろんな企画考えるものです。”写真大好き”と銘打った写真撮影ツアーの数々や、これからデジカメを始める方むけの写真教室やら、新顧客開拓に向けて、この秋は写真に絡んだ企画品がたくさんあるようすで入り口にパンフレットが並んでました。)

くふふっ、やっぱり参加してよかった。薀蓄じゃなくて、出会いと閃きを大切にする吉村ワールドの話はストンと落ちてきます。そして写真教室では語られないであろう、極普通のコンデジや写真初心者が、どうしたらいい写真(作品になるような)が撮れるのかを彼の作品を交えて紹介してくれました。

まず目標を立てる。(旅の間にベスショットを1枚撮るなど)
そして初日に広角で街を撮ってみる。
そこからテーマを見つけて今度は望遠で寄ってみる。


漠然と何処を撮っても美しいヨーロッパの街並みから、自転車に着目して作品として仕上がっていったオランダのデルフトでの写真に思わず笑みがこぼれてしまったワタシ。だって、昨日のホームパーティでオランダ散々話題にのぼり、デルフトに行きたいな~とか、デルフトで自転車に惹かれそうになったトモの体験やら、とにかく、ドイツや北欧やら話していた場所の写真が、ひゃ~~ってほどの確率で登場したんですもん。吉村さん私たちのガールズトーク何処かで聞いてました?(笑)


先日旅の途中日本に帰国前に立ち寄ったというNYでのショットも紹介されました。
ワタシもよく撮るDUMBOでのおなじみのショットが登場しましたが、やはりプロの撮った写真は光の具合が違います。ワタシの腕ではボケてしまいがちな水辺に映る対岸の灯りがきれいでビックリでした。
そして面白かったのがエンパイアからの一枚。LowerManhattan方面のビル群と空を写したありきたりな一枚が、ビル群だけに寄って、まさに都会といった風なクールな一枚に仕上がりに。寄って撮ることの極意はコレだ!なるほどのトリミング!今度NYへ戻ったときには寄って撮るをガンガンやってみたいです。NYへ戻る日が待ち遠しいな。


最後は質問コーナー。そうそうこうワタシもいうこと知りたかったというような質問が続き、的を得た吉村さんの回答は物凄く勉強になりました。そうなのよ、写真の撮り方ノウハウ本にないこういうことを知りたかったのです。他にも聞きたいことあったけど残念ながら時間切れでお開き。でも、ど~しても聞きたいことがあったので前へでてみることに。ラッキー!機材を片付けている吉村さんが振り向いてくれました。


朝夕のグラデーションのきれいな撮り方について伺いたいです。これは絶対にフィルムとおっしゃいましたが、コンデジ・デジイチしか持ってない場合、どうやったらキレイにとることが出来ますか?と聞いてみました。
何十何百人という人たちの写真を見たりしているであろうはずの人なのに、ワタシのNYのアオイジカンへのこだわりを覚えていてくださいました。今日は写真持ってきた?と声をかけてくれて、ハイと取り出したManhattanBlue一冊。(ははっ・・・持参してたわたしは確信犯か!?(笑))

ウィホーケンでとった朝焼けのシーンのページで、大丈夫グラデーション表現できていますと太鼓判をいただき、そして講習に持参した写真のページでは、あっこの作品は以前見せていただきましたねと、はっきり。も~ビックリです。さすがプロの記憶力!今まで撮りためたアオイジカンを全部盛り込みたいと欲張ったこともバレバレで、次回の参考になるコメントもいただけちゃいました。ラッキ~♪

そして一番嬉しかったのは、夕焼けを背景に遠くにシルエットで写る自由の女神の一枚と、夏の夕暮れのモワ~ンとした空気のなかでぼんやりとやはり遠くに写る自由の女神の一枚がとても良い組写真。この調子で頑張ってねと、暖かい声をいただきました。

朝眠かったけど、参加してよかったぁ。やるき復活です。最近忙しさを理由にカメラから遠ざかってました。イカン!
日々ポケットにコンデジ復活しなくちゃ。っていうか新しいコンデジ買わなくちゃなぁ。そろそろワタシのコンデジは使い倒して限界のようです(汗)


Dsc_1276


LOVEの向こうにイイカンジのカップル登場を狙ってみましたが、なかなか現われず・・・
写真はタイミングなんですね~としみじみ(笑)


| | コメント (2)

2009/07/19

届きました


わ~い!写真集とどきました。

今回の注文は毎度お馴染みNY旅ごとの2009年GW版と、初めてTRYしたA5サイズでのアオイジカンのNY。
CDサイズではさほど気にならなかった事もA5となるとwebと紙ベースでは全然雰囲気が違う・・・次回に向けて改良点がいっぱい(汗)

それでもこのサイズになると、おおっ!写真集ってカンジでものすご~く嬉しいです。

Photo


| | コメント (2)

2009/07/15

好きな写真


一昨年春から初夏にかけて銀座のシャネルギャラリーでElliott Erwitt(エリオット・アーウィット)の写真展が開催されていました。有名な写真家に疎いワタシはそのときに初めて彼の名前と作風を知りました。ぞっこんです。モノクロの世界、一枚一枚にストリーがあって、写真の前に立つと音や香りや人の声、その情景のなかにまるでいるかのように感じられるんです。

その彼の作品展が銀座ライカギャラリーで再び開催されていると聞き、友人との食事会の前にサクッと立ち寄ってきました。今回のテーマはNew York and Dogs。再び目にすることができた一枚、そして新しい一枚。待ち合わせまでに時間押してるっていうのにしばし椅子にこしかけ作品集もめくって彼のニューヨークに浸ってました。はるか遠く離れた東京に居るっていうのに、あっ、こんな風にNYを切り抜いてみたい、無性にNYが撮りたくなってしまいました(汗)

興味あるかたはここでElliott Erwitt's New Yorkを観賞することができます。

そして日比谷の待ち合わせ場所に向かう途中レアな景色発見。いつもは門の向こうに眺めるだけの泰明小学校の門が開放されてました。あれ?そうそう当日は都議会選挙の日でした。区立小学校なので投票所として開放されていたんですね。ちょっと校庭に入ってみました。あら~校庭の向こうには有楽町マリオンがどっか~んと見えて、超都心の小学校っぷりにオドロキでパチリ♪がっ暑さにめっきり弱い私は落ち着いて設定してなかったようで。あとから見たら妙に写りが白いの。がっくし。エリオット・アーウィットへの道は限りなく果てしない(笑)


Dsc_1091

| | コメント (2)

2009/07/10

写真集


完成しました。Manhattan Blueの写真集ができました。

どんな仕上がりになるかな?
初めてのバージョンなのでドキドキ。
到着が楽しみです。

期間限定となってしまいますが、こちらでWEB版ご覧いただけます。

写真を選んでいてつくづく思い知りました。あまりにもワンパターンな写真がなんと多いことか。かなりの時間アオイジカン狙いに費やしていたので、もっとバリエーションあると思っていたのに(涙)いやはや。みつかるのは川ごしの遠景ばかりなり(汗)

次回からは街なかのアオイジカンの一瞬の輝きをみつけたいと思います。
再びニューヨークへ戻れる日が一日でも早くきますように。

待つ時間は辛いけど、こういう目標があるとがんばれますね。

まってろよNY!(笑)

Photo


| | コメント (2)

2009/07/06

迷います


NYから戻ると作成するフォトバック

当時まったく写真心得がなかった私が目覚めちゃったきっかけは、2004年秋とあるNY好きのオフ会での事。
とっても素敵な写真集を持参された女性がいました。写真教室に通われ、その教室のツアーで行ったNYの写真をまとまた写真集とのこと。ひゃ~オンラインでこんなサービスがあるなんて!もう目がキラ~ンですよ。次のGW旅から戻ったらこれは作らねばと。


そして、コンデジデビューした2003年から数回のNY旅をまとめて作った初めてのフォトバック1号が2005年夏。題名をつけなくちゃって事で、深く考えもせずに ”My New York Style” としてみました。まさにビギナーズラック。これが友人達から結構好評で、NYから戻ると、また作るよね?なんて言葉をもらい続けて気がついたら、今回の制作でVol.7となってました(汗)


このVol.7は今年のGWバージョンです。データもまとまりあとは申し込みをクリックするだけ。でも、しばし待てなんです(笑)

新発売になったフォトバックの大きい版のお試しってことで1000円分のギフト券を入手したワタクシ。せっかくだからアオイジカンをまとめたっていうか、Manhattan Blue で1冊作ろうかな?と野望あり。どうせならGW版と一緒に申し込もう。な~んて思っている間に時が過ぎ、気がついたらこのギフト券有効期限切れ間近。ただ今焦って写真厳選中。あ~迷います。データ見直していると、その時の情景が頭に浮かんで作業が止まっちゃう。なに気に撮っていたハズなんだけど、かなり思い入れがあったようで(汗)

ワクワク楽しい作業のハズが、いつの間にか頭痛ネタ(笑)


あ~迷います。

Photo

| | コメント (3)

2009/03/06

暗幕プリーズ!

お世話になっている某ITカンパニー。ここのオフィスからの眺めは最高。眼下にレインボーブリッジ、その向こうに足元からしっかり(←これが肝心。下からだと足元から望めませんから)見える東京タワー。う~んこの光景を撮りたい。そう思って早半年。チャンス到来。久しぶりに訪問することに。それも夕刻からのアポ。お願いして写真を撮らせていただけることに。


ワクワク♪カメラを設定、さ~ってどこから撮ろうか?窓に近づく。


・・・・・・・・無言。ガビ~ン!


オフィス照明のガラス映り込みが物凄く激しい。オマケに窓ガラスは2枚体制。窓ガラスに10センチほど空けてUVカットかなにかのガラスがはめ込んである、そんな窓。柱の隙間に入り込んでなんとか映りこみは最小限に抑えられたけど、ダブルガラスがどうにもならん!光がブレる。ホントはアオイ夜景タイムで狙いたかったのに。このガラスには太刀打ちできません・・・

やっぱしオフィスビル、展望台とはガラスが違うのね。無念!野望敗れたり(涙)


Dsc_0228

| | コメント (0)

2009/02/26

曇り特典あり

とあるプロカメラマンの言葉を思い出した。建物を撮るなら曇りの日が最適。なんで?

迎賓館をパチリ。やっと昨日意味が分かりました。
陰が出ないんですね。そして建物の色が忠実に表現できる。なるほど。

そーいやーカメラってグレー基準ですもんね。


Rimg0188

| | コメント (0)

2009/02/14

その気にさせないで

カメラってヤツは・・・・・どこまでワタシをその気にさせるんだい!もぉ~。

友人の写真展でドキッ。このカメラほしいかも。富士フィルムのフィルムカメラ、KLASSE
どひゃ~だっ。そうこんな写真が撮りたかったから一眼へむかったのに、コンパクトカメラで一眼並みの絞りの世界がそこに。フィルムならではのなんとも優しい色。クラシックなボディにもクラっ・・・
いつかワタシの手元にやってくるんだろうな。


ニコンからのDMにドキッ。ニコンDXフォーマット専用標準単焦点レンズ「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」が3月に発売に。今使ってるAi AF Nikkor 50mm F1.8Dもいいけど、私のD40じゃモーター内臓してないレンスはマニュアルでお付き合い状態。でも、このレンズならオートフォーカスで撮れる!マニュアルでピント合わせも楽しいけれど、やっぱり即撮りにオートフォーカス欲しいよね・・・・・そして35mmだから55mm程度で見れるし。隙間突いてくるなぁニコン。これもいつかワタシの手元にやってくるんだろうなっ。

気長にまっているから私の手元においで~~(笑)


Dsc_0053

| | コメント (0)

2008/12/29

撮りバカ納め

2008年撮り納めはMM21と富士山コラボ。
気の置けない友人達とイリマチしてウルトラおいしい中華ディナー。
あ~楽しかった。

来年も楽しく写真が撮れる和やかな時間がいっぱいありますように。

 
 
 
Dsc_0680

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Blue Moment & Morning glow | Diary | Neighborhood | New York | Other | Photo | Prologue | Tokyo